「景徳鎮千年」展

渋谷区立松濤美術館

poster for 「景徳鎮千年」展

このイベントは終了しました。

唐末五代から青白磁の制作がはじまった中国江西省の窯業都市・景徳鎮は、世界的な磁器の生産地として発展し、その精緻な磁器は人々を魅了してきました。本展では、宋時代の官窯の精品、さらに日本初公開となる毛沢東主席のためにつくられた「7501工程(1975年の第一級の任務)」の食器や文房具など約130点を展示し、景徳鎮磁器の千年にわたる歴史を紹介します。

メディア

スケジュール

2007年07月31日 ~ 2007年09月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use