「都市との対話」展

BankArt Studio NYK

poster for 「都市との対話」展

このイベントは終了しました。

これからの都市の中でいかにして「よく」生きていくか。

現代における「都市」は、効率的な労働や快適な生活環境、新たな文化・芸術の地盤など、その発展と共に我々に多くの利便性を与えてきました。しかし一方では、機能の集中化が思いもよらない大きな事件や事故を招いたり、個人や組織の過剰な防衛意識が非人間的なシステムをつくり出すなど、社会に歪んだ状況を与えているという側面もあります。

また、「都市」における文化・芸術のあり方も変わってきています。文化・芸術は急速に都市に人が集い、様々な批評が繰り広げられてきた近代においてめまぐるしく発展してきましたが、自立性を失ったポストモダニズム以降、現代においては、地域貢献や教育・福祉といった観点からの価値といった実社会との接点などがしばしば求められています。現代美術もまたその例外ではありません。

本企画は、都市やその風景、そこに生きる人間を含めた生物、より大きな枠組みである地球・環境などをテーマに表現を行う現代美術家の作品を通して見る人に「都市との対話」を促し、我々がいかにして都市の中で生きていくべきかといった問題や、これからの都市における文化・芸術のあり方を問いかける展覧会です。

関連企画:
[ギャラリートーク]
9月1日(土)16:00~17:00/18:00~19:00 
各回15名まで
無料

[ゲストトーク]
9月8日(土)19:30~21:30 
出演:椿昇(アーティスト)
500円

9月9日(日)16:30~18:30
出演:木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 特任講師/神戸アートビレッジセンター 美術プロデューサー)
500円

9月15日(土)19:30~21:30
出演:馬場正尊(建築家/Open A 代表)
500円

[シティウォーク]
9月16日(日)14:00~17:00
ナビゲーター:橋本誠(本展キュレーター)
定員:10名(最小催行人数4名)
1500円(移動費など実費別)

また、この展覧会は横浜と神戸の2都市を巡回します。
神戸展:9月22日(土)ー10月7日(日)
会場:神戸アートビレッジセンター

詳細に付きましては、サイトをご覧下さい。

[画像: パラモデル「ファントム・グラフィティー [幽霊の落書き] (夜の金型工場)」2006 (C) paramodel / photo : paramodel]

メディア

スケジュール

2007年09月01日 ~ 2007年09月17日
開場時間: 11:30-19:00

Facebook

Reviews

Kosuke Fujitaka tablog review

The Opening of "Dialogue with the City"

On September 1st, "Dialogue with the City", a group show of seven young artists from the Kanto and Kansai areas of Japan opened at BankART NYK in Yokohama. TABlog's Japanese editor Makoto Hashimoto is an independent curator, and he organized this show, which will travel to Kobe later on. There are many talk events taking place each weekend. Go enjoy the show!

Kosuke Fujitaka tablog review

「都市との対話」のオープニング

9月1日(土)に横浜のBankART Studio NYKにて関西・関東の若手アーティスト7グループによる「都市との対話」展がはじまりました。インディペンデントキュレーターでもあるTABlog編集長の橋本誠さんの企画展です。会期後には同じ港町の神戸に巡回していきます。毎週末に多くのトークイベントなども行われます。是非足を運んでください。

aoao: (2007-09-02 at 19:09)

フライヤーにある作品は過去の展示のモノらしく
今回は似たのを作ってるらしいのですが、製作途中でした
特に「都市との対話」を垣間見させてくれるような雰囲気もなく
大学の文化祭でも見てるような乱雑さでした

スタジオ自体の立地条件が良かったので
それに救われました

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use