TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス成果発表展覧会 マリーナ・カッポス展 JNPプロダクション展 +ボスコ・ソーディ

トーキョーワンダーサイト・渋谷

poster for TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス成果発表展覧会 マリーナ・カッポス展 JNPプロダクション展 +ボスコ・ソーディ

このイベントは終了しました。

トーキョーワンダーサイトは、2006年11月に青山に滞在型のレジデンス施設を開館し、今年度よりTWS本郷、渋谷、青山の3館を連携させ東京の新しいアートのプラットフォームとしての活動をさらに広げていきます。

今回TWS渋谷では春から夏にかけてTWS青山に滞在したアーティストによる成果発表展覧会を開催します。交流事業プロジェクトで滞在した若手アメリカ人アーティストのマリーナ・カポス、若手作家プロジェクトで滞在した韓国人アートグループ、JNPプロダクション。これら北米、アジアのコンテンポラリーアートシーンを代表する実力派若手アーティストが本レジデンスにて制作した新作を紹介します。

マリーナ・カポスは、ニューヨークやロサンゼルス、ロンドンなど作品を発表する現地において、ランドスケープリサーチと制作を行ってきました。今回の展覧会では彼女が独自の視点で捉えた東京の姿、そしてその中に存在する自分の姿を縦型のカンヴァスに描き、インスタレーションとして展示します。JNPプロダクションはゾ・ソブ、ノ・ゼウン、パク・チャンギョンの3人からなるグループです。昨年、新しいアート活動を続けるTWS青山(東京)—ビズアート(上海)—インサアート(ソウル)の連携による、レジデンスを含めた制作支援を受けたJNPプロダクションは、その成果である作品《It's Clear》を光州ビエンナーレで発表しました。今回の展示では《It’s Clear》をさらに新しく展開した《It’s Clear and Extra》を発表します。

また、同時開催として、二国間交流事業プロジェクトで滞在したメキシコ人アーティスト、ボスコ・ソーディの一部作品も併せて展示いたします。 それぞれの背景から持ち寄った視点で、滞在し体感したユニークな東京を表現しています。

【画像:マリーナ・カポス “114” (2007)、アクリル、キャンバス】

メディア

スケジュール

2007年09月08日 ~ 2007年11月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use