「日展100年 一目でわかる! 日本の美術この100年」

国立新美術館

poster for 「日展100年 一目でわかる! 日本の美術この100年」

このイベントは終了しました。

日展はわが国最大の公募美術展です。1907年、明治政府が美術を振興するために文展を開いて以来、帝展、新文展、そして戦後の日展へと移り変わり100年が経ちました。この展覧会では日展100年の歩みをたどり、約170点におよぶ絵画、彫刻、工芸、書の傑作を通して、近代美術の魅力を堪能いただきます。4部構成で開催されます。イベントの詳細に関しては美術館ホームページをご覧下さい。

第1章 文展 1907(明治40)年~1918(大正7)年
新しい発表の舞台として登場した文展(文部省美術展覧会)は、美術の登竜門として、当時の美術家の創造意欲をかきたてました。文展は秋の最一大イベントとして、国民の大きな関心の的となり、数々の名作が生まれました。

第2章 帝展 1919(大正8)年~1934(昭和9)年
帝展(帝国美術院美術展覧会)では、綺羅星のごとく優れた作家が登場し、新しい世代による華麗な作品が見られました。それまでの日本画・洋画・彫刻の3部門に、工芸部門が加わり、内容も充実していきました。

第3章 新文展 1936(昭和11)年~1944(昭和19)年
帝展の改革という混乱を経て、新文展(文部省美術展覧会)が始まりました。それまで他の展覧会に出品していた大家たちも参加し、わが国の美術の祭典としてバラエティに富んだ作品が話題を呼びました。

第4章 日展 1946(昭和12)年~
焦土とした日本の希望の象徴として、戦後いち早く、日展(日本美術展覧会)が始まりました。以来、美術界の中核として存在し、多くの巨匠を輩出してきました。本年から発表の場を国立新美術館に移し、今後の活動も期待されます。

【画像:和田三造「南風」、1907年(カンバス)、第1回文展 東京国立近代美術館】

メディア

スケジュール

2007年07月25日 ~ 2007年09月03日

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2007-08-10 at 11:08)

THE NAMES OF THE NITTEN
After 100 years of change, Nitten moves to the NACT
By C.B. Liddell
Special to The Japan Times

Because of factional tensions, the Nitten developed quite differently than its model, the 19th-century Salon organized by Paris' Academie des Beaux-Arts. While the Salon laid down strict rules and uncompromising canons of artistic taste, the Nitten has typically taken a looser approach, seeking instead to be a uniting influence in the Japanese art world. Consequently, the standards and taste of Nitten have developed bottom-up rather than top-down, and are more catchall in nature ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070809a2.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use