"Who does the world belong to?" Exhibition

BankArt Studio NYK

poster for "Who does the world belong to?" Exhibition

This event has ended.

"The world was once yours" - the world used to feel like it was your personal domain when you were a child, but this way of thinking inevitably disappears as you become an adult. This exhibition aims to address how we respond to life after we undergo this change. This is not to say that it is about the unrealistic wish of reclaiming the world, but about how we deal with a world that does not necessarily cooperate with what we want or expect from it. The works on display each reveal through a variety of individual approaches the artists' relationships with the world around them.

Opening reception:
February 3rd (Sat), from 18:00

Talk event:
February 12th (Mon, National Holiday), from 16:00

Media

Facebook

Reviews

kino: (2007-02-04 at 15:02)

休日の横浜にでかけてきました

観光客でごったがえしていましたが
ここはのんびりしたカフェがあって
コーヒーも200円だし
展示はただだったし良い感じでした

soseki: (2007-02-04 at 17:02)

 「世界は誰のもの?」というタイトルはいささか荷が重たいような気もしましたが、実際に展示へ足を運んでみるとある種の試みや再定義の芽のようなものを感じることができてよかったです。そして、おそらく意図せず浮き彫りになってしまっている写真を取り巻く問題点を改めて感じられたのも興味深かったです。

freekitten: (2007-02-05 at 23:02)

作品の種類が多く雑多な印象も受けましたが、わずかながら展覧会のタイトルとなっている問題意識の共通性のようなものを感じました。その問いかけ自体が機能するかということを問題にしているのかな?とも思い、その姿勢は肯定したいと感じました。
会場内にカフェバーが設置されており、ゆったりと鑑賞することができました。

sheeep: (2007-02-13 at 09:02)

会場にいくとちょうどトークイベント中でした。
話を聞きながら作品をみると、また違った見方ができて、面白かったです。
なるほどと思うものや、意外なことばが聞けたのが面白かったです。
それぞれの「世界」について考えさせられました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use