「Wako Works of Art: 15 Years/ Part III」展

ワコウ・ワークス・オブ・アート

poster for 「Wako Works of Art: 15 Years/ Part III」展

このイベントは終了しました。

開廊15周年企画 『WAKO WORKS OF ART: 15 Years/ Part III』を開催する運びとなりました。これまでワコウ・ワークス・オブ・アートで紹介してきた作家たちによる、4部構成のグループ展となります。その第三弾となる今回は、クリストファー・ウィリアムズ、ヴォルフガング・ティルマンス、フィオナ・タン、横溝静による新作を発表いたします。

クリストファー・ウィリアムズ
ロサンゼルス在住。ドキュメンタリー的に見えて極めて意図的な構成のもと、映画監督のようなスタンスで作品を制作し、活躍しているコンセプチャルアーティスト。これまで欧米を中心に数多くの個展を開催。2006年はホイットニー・バイエニアルにも参加。今展では、日本未発表作品を展示予定。

ヴォルフガング・ティルマンス
ロンドン在住。2000年イギリスターナー賞受賞。何気ない日常を切り取る作品から、印画紙にイメージを定着させた抽象的作品まで、多様な写真作品を発表。これまでロンドン・テートブリテン(2003)やシカゴ現代美術館(2006)にて大規模な回顧展を開催。今展では、折り目のついた立体的な写真作品「Lighter」シリーズを展示予定。

フィオナ・タン
オランダ在住。しばしば既存のフィルムを用い、記憶や時間をテーマに独自の表現を追求する。これまでヨーロッパを中心に、ドクメンタ11、ベニス・ビエンナーレほか、数多くの国際展に参加。2006-2007年にかけて、ヨーロッパ巡回個展「Mirror Maker」を開催。今展では、昨年日本で滞在制作した「Vox Populi Tokyo」を展示予定。

横溝静
ロンドン在住。自己の存在と世界・他者との関係性をテーマにした作品を中心に、これまで日本やロンドンのみならず、アメリカ、スペイン、イタリアでも個展を開催。テートブリテン、シカゴ現代写真美術館、ニューヨーク・国際写真センター、ベニス・ビエンナーレなど、多くの展覧会に参加。今展では、新作ビデオ作品を展示予定。

メディア

スケジュール

2008年01月26日 ~ 2008年02月26日

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2008-02-08 at 12:02)

Japan Times Art Brief
By Jason Jenkins

For "Vox Populi, Tokyo," Tan collected photo albums from 90 Japanese families, scanning pictures that resonated with her even when the cultural context of, say, a suika-wari (children splitting a watermelon in the summer) was lost. The resulting 305 images show a surprisingly comprehensive portrait of Japan ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080207b1.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use