「福原信三と美術と資生堂」展

世田谷美術館

poster for 「福原信三と美術と資生堂」展

このイベントは終了しました。

福原信三(1883-1948)は、資生堂創業者福原有信の三男として銀座に生まれました。日本画、写真を学び、アメリカ留学では薬学を学びました。資生堂を継いでからも、写真芸術社を起こし、『写真芸術』を発刊し、写真集5冊を出版、1919年に開設した資生堂ギャラリーで積極的に写真の展覧会も行いました。一方、経営者としては、広告宣伝の重要性を欧米で認識し、1916年に意匠部を新設、さらに前述のとおり陳列場に始まる資生堂ギャラリーを開設、「リッチでスマートでモダン」という資生堂の企業イメージを打ち立て、企業文化の基盤を形成しました。

福原信三と美術の関わりは、写真家やひとりの美術愛好家という側面だけに留まりません。資生堂ギャラリーの運営および製品のパッケージや印刷物のデザインなどにも、彼と美術との結びつきが強く現れています。

本展は、大正から昭和へと時代のうねりの中で、生活の中にその時代に相応しい美しさと真の豊かさを求め続けた福原信三に焦点を当てて検証することにより、大正から昭和にかけての、文化人と美術との関係の1つのあり方を紹介し、その精神を引き継いだその後の企業の活動展開も織り交ぜながら、美術と生活そして社会との関わりを考察しようとするものです。

関連企画に付きましてはサイトをご覧下さい。

[画像:「資生堂オイデルミン」1897年発売、資生堂企業資料館蔵]

メディア

スケジュール

2007年09月01日 ~ 2007年11月04日

アーティスト

福原信三

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

Retrospective of a Corporate Artist

The Setagaya Art Museum takes a comprehensive look at the life, art, and legacy of visionary Shiseido president Shinzo Fukuhara.

Aie Shimoguchiya tablog review

福原信三と美術と資生堂展

合言葉は“リッチでスマートでモダンで” 資生堂のはじまり物語

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use