ル・コルビュジエ 「プリントワークス」

Art-U room

poster for ル・コルビュジエ 「プリントワークス」

このイベントは終了しました。

20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ (1887-1965)は、集合住宅や都市計画といった新しい理念の導入により、近代建築の基礎を築きました。細い柱群に箱を乗せたようなサヴォア邸や、コンクリートを有機的なフォルムに仕上げたロンシャンの教会堂など斬新なデザインによる建築は、当時の建築界に一大センセーションを引き起こしたばかりでなく、今日活躍する建築家にも、今なお多大な影響を及ぼし続けています。

ところで、コルビュジエが建築家である一方、生涯を通して画家として活動していたことは一般に余り知られていません。彼は1920年代には画家オザンファンと共に「ピュリスム」絵画を提唱し、晩年に至るまで毎日数時間を画室で過ごし続けました。コルビュジエにとって、絵画は単なる気晴らしといったものではなく、彼が手掛けたあらゆる創作活動において核心的な役割を果たしたのです。「住居は住むための機械」という有名な言葉を残したコルビュジエですが、彼の建築からはそうした機能主義的な外観を越えて、どこか人間臭い温もりが感じられることがあります。

ル・コルビュジエの生誕120周年を記念して開催する本展では、生涯にわたり制作された版画作品より、「モデュロール」、「ミュージシャン」など代表作を中心に約20点を展覧します。

メディア

スケジュール

2007年06月26日 ~ 2007年07月15日

アーティスト

ル・コルビュジエ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use