D. H. Rosen 「アウト・オブ・リーチ」

スーパーデラックス

poster for D. H. Rosen 「アウト・オブ・リーチ」

このイベントは終了しました。

「物質的、精神的に到達したい場所は、絶えず自分から逃れて行き、決して辿り着くことが出来ないかのように思われます。『アウト・オブ・リーチ』とは、その果てしない連鎖を表します。」とローゼンは言う。「目指すところに辿り着くも束の間、それは即座に別の新たな願望に取って代えられてしまう。満足感は素早く消え去り、留めておくことは出来ないのです。この想いから、無数の空っぽの手が、虚空に向かって伸びる様子を思いつきました。出来上がったインスタレーションは、厳粛であると同時に不気味な静けさを湛えるものになるでしょう。会期半ばに行われるレセプション・パーティーでは、観客にこの静寂を壊してもらうのを楽しみにしています。」

パーティーでは、観客が、アーティスト作の主に白いインスタレーションに色を加える。 インスタレーションは、観客の手によって変容を遂げるのだ。「作品を観て、触れて、聴いて、そして、新たに創る為に壊して欲しい。私の作品を体感して欲しいのです。」と語るローゼン。観客は、創造のプロセスの名の下に、貴重なオブジェ作品を壊すのである。「アウト・オブ・リーチ」は、パーティーを訪れる人びとに、この戸惑いや抵抗を覚えるであろう、稀有な体験を約束する。

SuperDeluxeでのローゼンの作品展は、成功を収めた2005年の個展、「インカーネーションズ」に続き今回で2回目となる。大胆なやり方で伝統的な陶芸の域をはるか超えてゆくこの作家の新作が、観客と他のアーチスト達とどのように関わり互いに影響しあうのか期待される。

ライブ・イベントとレセプション 10月26日(金)19:00~26:00
スケジュール
20:30~ 「ロックン・ろくろII」
スペシャル・ゲスト、Cal Lyall、Samm Bennettによるパフォーマンスアート
21:30~ 「破壊調・創造色」 壊すことは気持ちいい・・・
22:30~ 輪派絵師団によるライブ・アート × Cal Lyall、Samm Bennett、
岩見継吾、L?K?Oによる即興音楽

詳細は: www.dhrose.com yakimonos@earthlink.net まで(日本語でどうぞ)

メディア

スケジュール

2007年10月23日 ~ 2007年10月28日
期間中無休、27日(土)は15:00まで

アーティスト

D. H. Rosen

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2007-10-25 at 12:10)

Hands on contemporary clay
By Donald Eubank
Japan Times Staff writer

What's the big question for contemporary ceramics?

''The challenge is to make something that is pertinent to the material. Like Masayuki Inoue at Tamabi says, 'If the piece would work better made of Styrofoam, there is no reason to make it out of ceramics.' Good ceramic work speaks about the material, and 'works' because it is ceramic, not just because it happens to be the artist's medium of choice ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20071025a5.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use