田中知美 「陶の襞 - ゆらめくかたち-」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 田中知美 「陶の襞 - ゆらめくかたち-」

このイベントは終了しました。

この作家の作品は、ヒラヒラと十重に二十重に土片が密集して重なり合い、楕円形の塊を形成しています。ごく薄い土片による連なりは一見すると柔らかそうで、花弁のようにも羽毛のようにも見えますが、その黒い塊には冷たく固く締まった重量感があります。これら土による作品は、動植物が合体した近未来の生命体のような、あるいは甲虫や木の実や花にも似て、細かなディティールがざわめく息遣いや、いずこかへ飛び立ちそうな羽ばたきを感じさせます。その妖しさは色彩が濃いグレー一色であることに起因しているのかもしれません。ほとんどが50cm ~20cm 四方と、両手に包むことのできる大きさです。この作家は現在大学院の陶芸コースに在学して制作をしている若い作家です。これらの作品を、編み物を編むように長時間細かい作業に没頭してつくり出します。手作業の愉悦の中から生まれてくる独自のかたちに、特にモチーフはないのだと話しますが、そこには今という時代の無尽蔵な映像世界からの享受もあるのかも知れません。作品は躯体となる凹凸のあるボディに薄い土片を泥しょうで無数に貼り付けることによって構築されています。数年前より公募展で発表を始め、その独特の存在感あふれる作品で入賞を得ています。今展は初めての個展開催となります。

アーティスト・トーク: 2月6日(水) 18:30~19:00

[画像: 「star fish」(2006)18 × 20 × 21cm] 

メディア

スケジュール

2008年02月06日 ~ 2008年03月04日

アーティスト

田中知美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use