「芳年・芳幾の錦絵新聞」展

千葉市美術館

poster for 「芳年・芳幾の錦絵新聞」展

このイベントは終了しました。

明治7年に創刊された錦絵新聞「東京日々新聞」と翌8年に創刊された錦絵新聞「郵便報知新聞」は明治期の錦絵新聞の双璧として名高いものです。千葉市美術館には、リッケンコレクションという、幕末から昭和にいたる版画作品2000点余が寄託されており、中でも明治期の錦絵新聞は非常に充実しています。

本展は、東京日々新聞と郵便報知新聞の大判作品を一堂に展示し、錦絵新聞が流行した時代を考えるとともに、二つの錦絵新聞を担当した浮世絵師、大蘇芳年と一蕙斎芳幾の絵を比較鑑賞してみようというものです。新発見の「郵便報知新聞」第614号、第1272号のほか、「東京日々新聞」の錦絵114点(1点はパネル展示)、「郵便報知新聞」の錦絵62点(2点はパネル展示)の計176点を、一堂にご覧いただける初めての稀少な機会となります。

関連イベント
-市民美術講座「芳年と芳幾—錦絵新聞を中心に—」
1月19日(土) 14:00より/11階講堂にて/先着150名 聴講無料
講師: 浅野秀剛(当館学芸課長)

-担当学芸員によるギャラリートーク 
1月16日(水)/15:00より
展覧会にあわせて、『文明開化の錦絵新聞——東京日々新聞・郵便報知新聞全作品』という画集 が国書刊行会より刊行される予定です。

[画像: 「郵便報知新聞 第1272号」]

メディア

スケジュール

2008年01月12日 ~ 2008年03月02日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use