近森基 ++ 久納鏡子 展

ギャラリー テオ

poster for 近森基 ++ 久納鏡子 展

このイベントは終了しました。

ここ6年ほどminim++のユニット名で活動を行ってきましたが、5年ぶりの個展をきっかけに、"近森基 ++ 久納鏡子"と改めて自分達の名前で展示をすることになりました。ギャルリーテオでは、2007年8月25日(土)より9月21日(金)までインタラクティブ メディア・アーティストmotoshichikamori++kyoko kunohの個展を開催いたします。ギャラリーでの展示は初となる彼らですが、この度開催に合わせ、"minim++"から"motoshi chikamori++kyokokunoh"に改名し新たなスタートをきります。

彼らの活動は、1998年第一回文化庁メディア芸術祭インタラクティブ部門での大賞受賞(同期に、アニメーション部門大賞"もののけ姫"宮崎駿監督)を皮切りに、海外での活動を活発化させていきました。代表的なものでは、ポンピドゥセンター(フランス)の"Ombreset Lumiere "ですが、その他にも東京都写真美術館やハラ・ミュージアムアークでの展示、国内外でのグループ展などを多数経験し現在では、世界的なメディア・アーティストに成長致しました。

プロジェクターで投影する手法を用いる彼らの作品は、現在ICC(新宿オペラシティ内)に常設展示されている『KAGE』が特に有名ですが、作品を見るだけではなく触って楽しめるというインタラクティブな要素を十分に堪能できる作品です。今回は、新作も含め過去に発表した作品なども展示致します。展示室は、彼らの作品には大敵である光の降り注ぐ部屋と、光を遮断した部屋、二つの部屋を使用致します。二つの部屋を使用した作品達の詩的・幻想的な空間をお楽しみ下さい。尚、今回作製致します展示会カタログは来年予定致しております鶴岡アートフォーラムでのmotoshi chikamori++kyokokunohの展示会カタログと合わせ販売する予定です。詳細は、www.galerieteo.comにて随時UPしてまいります。

メディア

スケジュール

2007年08月25日 ~ 2007年09月21日

アーティスト

近森基久納鏡子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use