「幕末ニッポン」展

たばこと塩の博物館

poster for 「幕末ニッポン」展

このイベントは終了しました。

2008年は、日米修好通商条約が締結された安政5年(1858)から150年目を迎えます。江戸幕府とアメリカ合衆国との間で結ばれた同条約は、日本が本格的開国に踏み出すこととなった最初の条約であり、締結以後、さまざまな文物が日本に流入し、また多くの外国人が来日することとなりました。こうした状況を迎え、国内では“尊王攘夷”という思想の下、反幕政治運動が高まる一方で、西洋の進んだ文化や知識を得ようとする機運も高まり、日本人の外国(外国人)に対する関心は、それまでになく高じました。やがてその潮流は、日本の政治体制変革へと大きく流れを転じて、日米修好通商条約締結から、わずか10年後の慶応4年(1868)、江戸幕府を開いて260年以上に渡り日本を統治してきた徳川家による武家政権は終焉を迎えます。

本展では、初代駐日公使を務めたタウンゼンド・ハリスに関する資料のほか、幕末の世相を描いた浮世絵や幕末の状況を写した古写真、さらに新発見の資料である、「文久年間(1861~1864)における桑名藩士の江戸滞在記録」などを中心に、幕末期の資料(実物・模型・写真)を展示、激動する幕末ニッポンの世相を紹介します。

関連イベントの日程・詳細はミュージアムHPをご覧下さい。

[画像: 歌川芳幾画 「いこくことば らんご」 (万延元年12月) 大判錦絵]

メディア

スケジュール

2007年11月23日 ~ 2008年01月14日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use