アルフレッド・ウォリス 展

横須賀美術館

poster for アルフレッド・ウォリス 展

このイベントは終了しました。

アルフレッド・ウォリス(1855~1942)は、イギリス、コーンウォールの港町、セント・アイヴスで船具商を営み、七十歳になってから独学で絵を描き始めた異色の画家です。その登場のきっかけは、1928年、セント・アイヴスを訪れた画家ベン・ニコルソン、クリストファー・ウッドが偶然ウォリスの家の前を通りかかり、壁に掛かった彼の絵を目にしたことによります。その作品は、船乗り、船具商としての前半生を反映するように、荒海を航行する帆船や、汽船、灯台、セント・アイヴスの港や街の情景などを、ボール紙の切れ端や板に船舶用のペンキや油彩で描いたもので、現代の美術が失った素朴な味わいに満ちています。本展は、ウォリスの絵画・素描80点余り、ウォリスを発見したニコルソンとウッドの作品10点、および関連資料により、その生涯と芸術の全体像をご覧頂きます。

[画像:「青い船」1934年頃、テート・ブリテン蔵]

メディア

スケジュール

2007年07月27日 ~ 2007年09月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use