石川直樹 「POLAR」

スカイ・ザ・バスハウス

poster for 石川直樹 「POLAR」

このイベントは終了しました。

石川直樹は自らが旅する「ここではないどこか」を主題に写真作品を制作するアーティストです。2001年に七大陸の世界最高峰登頂の世界最年少記録を塗り替えた偉業などから、若き冒険家として語られることの方が多かった石川は、十代の後半から30 才となった現在まで世界の辺境を旅し続けてきました。おそらく当初は自らの精神と肉体の限界に挑戦し、大自然と向き合い、未知の地平へ到達することに終始してきただろう石川の興味は、その後文化人類学的な興味へと発展していきます。一方、それぞれの冒険の途の記録としてごく自然にカメラを手にとった石川の視線は、未知の光景に出会うたびに単なる旅の記録としての写真ではなく、自らのフィルターをとおした表現の域へと進化を遂げていったのです。

石川直樹が自らの写真作品を本格的に世に問うきっかけとなったのが2005年に出版されたニュージーランドの原生林を主題としてとりあげている写真集「THE VOID」(ニーハイメディアジャパン刊)です。深淵な森の空気と雄大なランドスケープを捉える石川のカメラはそれらに緊張感をともなった普遍性をもたらし、迫力あるコンテンポラリーアートの作品として成立させることに成功しています。また、石川はさらなる集大成としてこの秋、先史時代の壁画をめぐる旅を作品化した写真集「NEW DIMENSION」(赤々舎刊)を発表しました。本展「POLAR」はタイトルどおり北極圏の写真で構成される展覧会となります。北極圏という言葉から浮かぶ一般的なイメージは巨大な氷山や人知の及ばない永久凍土ですが、実際には北緯66.6度以北の広大な地域を意味し、その地域にはアメリカ大陸最北部、スカンジナビア半島、シベリアなどの北部、あるいはグリーンランドのような島々も含まれています。当然そこには生活圏もあり、産業や独自の文化が存在しています。石川は何度か北極圏の異なる地域を訪れ、滞在し、いまだ謎の多いこの地域の風景を写真にしてきました。そこには人を寄せ付けない圧倒的な氷の山脈もあり、最果ての港に営まれる生活もあり、犬ぞりの犬たちと暮らす人々の姿があります。辺境に足を向けることなく一生を終えるだろう私達にもその片鱗を感じさせてくれる作品がここにあります。

[画像:「Ilulissat/GREENLAND」2006]

メディア

スケジュール

2007年11月16日 ~ 2007年12月22日

アーティスト

石川直樹

Facebook

Reviews

sherpa: (2007-11-25 at 02:11)

There can be no doubt that Ishikawa Naoki deserves great respect as an adventurer, having travelled to many remote parts of the world, conquered treacherous mountain peaks, ventured deep into forests which most people have never seen.
There can be no doubt he is a competent photographer, his interest in cultural anthropology evident in his work, and shared with the audiences who view it.
However, there is a valid question to be asked as to where personal documentation of a subject and art might intersect. Unfortunately there is a great deal of the former and a great absence of the latter in this exhibition.
Other Japanese photographers, Hatakeyama Naoya being a prime example (such as in http://www.tokyoartbeat.com/event/2006/E016 and
http://www.tokyoartbeat.com/event/2006/AE50.en ), also present series of images documenting a particular subject but their images also capture something essential beyond the surface of their subjects. This may be through a revelation of true intimacy with their subject, a particular context made evident, a mood or atmosphere, a display of its grandeur/intricacy/emptiness/power/tragedy/sublime nature.
However Ishikawa fails to communicate any such sensibility, and therefore, although the work is interesting from a superficial documentary perspective (he doesn't appear to have captured anything beyond a general overview of his subject), there is no sense of "art" here.
A number of shots of the same ice wall from slightly different angles graces one wall of the gallery. A few shots of a dog sled team being hitched and receding into the snow span another. A couple of open empty snowy landscape scenes. And so on. Other than a single majestic image of a towering ice cliff (which is used to promote the show), this exhibition consists primarily of snapshots which offer no real insight to a viewer other than pictorial confirmation.
SCAI's promotional material declares that we "...will probably never manage to venture to these frontiers, but through his photographs, Naoki Ishikawa gives us the opportunity to glimpse their reality". No doubt these are well-executed shots which do just that. But, despite SCAI's outrageous price-tags and attempts to convince us otherwise, they do little more.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use