マルセル・ショーベル 「Gelobtes Land」

中落合ギャラリー

poster for マルセル・ショーベル 「Gelobtes Land」

このイベントは終了しました。

Nakaochiai Galleryではこのたびマルセル・ショーベル氏の個展「Gelobtes Land」を開催することを大変喜ばしく思っております。ショーベル氏はオーストリア生まれではありますが、2000年以来ベルリンを拠点に活動しています。パートナーのクラウディア・ロールモーゼル氏とコラボレートした最新の作品群では、故郷、伝統、そして自身という概念の相互の関連性を模索したものとなっています。今回の個展ではショーベル氏の最新の作品群からのセレクションをお届けします。主に映像ですが、二次元の作品も含まれております。作品は「長い間自国を離れて暮らすことが故郷という概念にどのような変化をもたらすか」「グローバル化や同化などによって自分の国の伝統文化が変化するのを、自国を離れて暮らす人々はどのように受け止めているのか」などの問いを投げかけてきます。

ショーベル氏はこのような問いかけをホラー映画やキッチュな民話に着想を得た、劇的かつユーモアに満ちた作品を通じて展開しています。彼の映像は象徴的な儀式、宗教的偶像、自然の質感、コミック本、精神的な餓え、裏切り、そして現代社会の腐敗を包含したモンタージュです。

メディア

スケジュール

2007年06月24日 ~ 2007年07月14日

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use