松尾純 「北のタルチョ南のタルチョ」

ルーニィ 247 photography

poster for 松尾純 「北のタルチョ南のタルチョ」

このイベントは終了しました。

チベット文化圏に通うようになって、国は違ってもどこにもタルチョ(祈祷旗)が峠や丘、聖地や僧院にはためいているのを見かけました。そこには4000mを超える荒れ果てた壮大な大地が広がり、想像を絶する環境の中で生活している人々がいました。そんなタルチョには人々の祈りや願いがかけられ、カメラを向けていくことを通してチベット人たちの信仰の深さや現在直面している問題が見えてきました。
チベットは1950年代からの中国による侵攻以来、現在でも人々の基本的人権や自由が奪われ、民族絶滅の危機にあります。先進文化が流れ込み人々の生活環境が急速に変化していく中、チベットに残り変えられていく自分たちの国に嘆きながらも耐え忍び生きている人々と、一方で自由を求めて外国に亡命し自らの伝統文化を守り残していこうとしている人々がいます。どちらも過酷な状況でありながら、彼らの祖国に対する強い思いや篤い信仰心は決して支配されず揺るがないものでした。
2002年より占領下である中国国内のチベット文化圏を中心に、亡命先でもあるインド・ネパール・ブータンなどの近隣諸国を訪れ、人とそれを取り巻く環境をテーマに撮影してきました。様々な問題の中で暮らし強い精神面を持ちながらもあたたかく優しい笑顔をするチベット人たち。そんな人々や今も受け継がれる独特な文化や生活風景、そしてチベット人たちにとって日課ともなっている巡礼の姿などを中心に展示。

カラー写真 約45点

メディア

スケジュール

2007年02月13日 ~ 2007年02月18日

アーティスト

松尾純

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use