VOCA 展 2007

上野の森美術館

poster for VOCA 展 2007

このイベントは終了しました。

1994年に始まったVOCA(ヴォーカ)展は今回で14回目を迎えます。VOCA展は全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の若手作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、毎回、全国各地から未知の優れた才能を紹介してきました。

今年の展覧会には36作家が出品します。このなかから5名の選考委員によりVOCA賞1名、VOCA奨励賞2名、佳作賞2名が選ばれました。また、大原美術館賞と府中市美術館賞各1名がそれぞれの美術館から贈られました。

出品作品のなかには、絵画のほか、版画、写真、インスタレーション的な造形など、さまざまな試みが見られますが、今回は比較的オーソドックスな具象画、日本画の伝統を取り入れたもの、よりひそやかで繊細な表現などが目立つように思います。

若い気鋭の作家たちが絵画や平面作品にどのような可能性を探っているのか、「VOCA展2007」では、現在の美術の状況を映し出した作家それぞれの問題意識や個性的な手法を見ることができるでしょう。

メディア

スケジュール

2007年03月15日 ~ 2007年03月30日
金曜日のみ19:00閉館

Facebook

Reviews

frf_momo36: (2007-03-27 at 00:03)

大勢の推薦者から依頼された作品は平面なのを共通項に、ほんとうにさまざま。この多様性が本展覧会の特徴と言われるとそうだなぁと思う。
モチーフとか個人の技量とかではなく、平面の表現としてこういうのやるよねって感じの作品が多かった。平面作品の表現方法がきれいにまとまってた感じ。一つひとつの作品の、作者の話を聞いてみたいなぁと思った。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use