シャガール展

千葉市美術館

poster for シャガール展

このイベントは終了しました。

ロシア系ユダヤ人として生を受け、2つの大戦とロシア革命に揺れた時代を生き抜いた画家シャガール。その困難に満ちた人生とは対照的に、その作風は愛と夢に満ちあふれています。恋人たちや動物が織りなす夢幻的なイメージ。原色を中心とした色彩の美しいハーモニー。他に類を見ない個性的なスタイルを生み出したシャガールは、20世紀美術のなかでも重要な位置を占めています。本展覧会は、国内外の名品により、初期から晩年にいたるシャガールの画業を跡づけます。最初期の貴重な作品「村の祭り」や代表作「軽業師」など油彩画24点を含む、約180点から構成されます。恋人たちや新婚カップルなど、シャガールが得意とした愛をテーマとする作品も数多く展示されます。


こども向けプログラム
「シャガール展を楽しむためのセルフガイド/クイズカード」
会期中に来館した中学生には、展覧会を楽しく鑑賞するためのセルフガイド(解説リーフレット)を差し上げます。また小学生には、クイズに答えながら作品のみどころを学べるクイズカードを貸出します。

ワークショプ「私と私の好きな動物でつくる物語」 
7月28日(土)/14:00〜15:30/9階講座室にて 
対象:小学校低学年の児童とその保護者15組30人/参加無料

その他関連イベント、詳細については美術館サイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2007年06月16日 ~ 2007年07月29日
第1月曜日(7月2日)休館

アーティスト

マルク・シャガール

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use