寺田織絵 + エマ・リーチ 「Table manner(s)」

Gallery惺SATORU

poster for 寺田織絵 + エマ・リーチ 「Table manner(s)」

このイベントは終了しました。

二人の共通点は"食"をテーマにしたパフォーマンスが作品を構成していることである。Emma Leachは電車の中にティーセットを持ち込み、お茶の先生に作法を学ぶ "Underground Tea Ceremony"というパフォーマンスを行う。これは'祖母の家での堅苦しいお茶会'という彼女の幼年期の体験や、社会に見られる、誰も言わないが知っていて当たり前という'暗黙のマナー'がテーマである。

寺田織絵は"おにぎりパフォーマンス"と称し、自分でつくったおにぎりを街で人に配り歩き、そこで遭遇した'出会い'をビデオや写真に記録する。"食"を媒介とした、人のコミュニケーションや文化としての"食"に目を向けた作品である。

今回の展覧会では、二人の共同パフォーマンスを画廊空間で発表する。

偶然にも、それぞれに"お茶会"を作品のテーマとして選んだことから始まったこのパフォーマンスは、インターネットを利用した、いわゆる"テレビ電話"を使って行われる。イギリスと日本というお互い離れた場所で、相手の状況をスクリーンに見なら、カメラを前にそれぞれの国の作法に従ってお茶会を催す。そこではオンライン上の秩序が生まれ、両国間の時間や距離、文化の違いが見えてくるはずである。

会期中のEVENT
「Tea Ceremony Emma in London, Orie in Tokyo」
12.8 sat.初日17:00-
skypeによるギャラリー内のパフォーマンス

「苑茶」 
12.23 sun. 14-16:00
押見直恵さんと本康淳子さんに煎茶を淹れて頂き、ふるまいます。

「Tea Ceremony Emma and Orie in Kichijoji''
12.27 thu. 最終日14:00-
ギャラリー内でのパフォーマンス

メディア

スケジュール

2007年12月08日 ~ 2007年12月27日

アーティスト

寺田織絵エマ・リーチ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use