「シュルレアリスムと美術 イメージとリアリティーをめぐって」展

宇都宮美術館

poster for 「シュルレアリスムと美術 イメージとリアリティーをめぐって」展

このイベントは終了しました。

「シュルレアリスム(超現実主義)」は1920年前後にフランス文学から始まり、やがて美術や思想、社会の様々な領域へと国を超えて拡がっていった20世紀の代表的な芸術・文化運動です。それは私たちのものの見方や感じ方に強い影響をおよぼし続けています。

日本でも人気の高いマグリット、ダリ、ミロらの作品は、シュルレアリスムの名でひとくくりにされています。シュルレアリスムが美術にもたらした最大のインパクトは、「イメージ」の力の再発見だと言うことができるでしょう。ただ目の前にあるものを写すのではなく、心のスクリーンに映し出されるイメージを忠実に写し取る、新次元の「リアリズム」。想像力(イマジネーション)を無制限に解放し、理性的・美的・道徳的先入観(ありえない、美しくない、よろしくない)を捨て去ることで、“真正の現実”が現れると期待されたのです。

展覧会は、第I章「シュルレアリスム美術の胎動」、第II章「シュルレアリスムが開くイメージ」、第III章「シュルレアリスム出現以後の様々なイメージ」で構成されます。シュルレアリスム運動に参加した美術家だけでなく、デ・キリコやダダの作品、広告美術、さらにアンフォルメルやアルテ・ポーヴェラ等の戦後の西洋美術、草間彌生、奈良美智ら現代の日本美術まで、作品総数約120点をひとつの時間軸に並べます。

• 関連イベント
- 講演+朗読 「言霊(ことだま)の幸(さきは)ひ」
5月27日(日)、14:00~ (開場13:30)

- ギャラリートーク
会期中の毎週土曜日、14:00~

【画像:(c) 2007年 Estate of Yves Tanguy・ARS、New York・SPDA、Tokyo】

メディア

スケジュール

2007年04月21日 ~ 2007年06月17日
4月30日は開館、5月1日は閉館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use