「時光 − 蔡國強と資生堂」展

資生堂ギャラリー

poster for 「時光 − 蔡國強と資生堂」展

このイベントは終了しました。

中国福建省出身の蔡國強は、中国四大発明の一つと言われる火薬を用いたダイナミックな爆発インスタレーションで知られる、中国を代表する現代美術作家です。2001年に上海で開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)のフィナーレを飾った壮麗な花火大会も、蔡のプロデュースによるものでした。来年は、ニューヨークのグッゲンハイム美術館を皮切りに北京の中国美術館、そしてスペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館へと巡回する大規模な回顧展が予定されており、さらに来年8月に開催される北京オリンピックのビジュアル・ディレクターをも務めるなど、2008年は世界中に蔡の名前が轟く年となることでしょう。その準備で多忙な日々を過ごす蔡が、日本で5年ぶりとなる個展を、資生堂ギャラリーで開催します。

1919年開廊の資生堂ギャラリーは、新進の作家たちに作品発表の場を提供しその才能の開花を支援するという考えでスタートし、これまで数多の才能豊かな作家を輩出してきました。1990年代以降はグローバルな視点から海外の動向にも注目し、特にアジアの芸術文化交流に力を入れ、「亜細亜散歩」(1994年、1997年、2001年)、「NOT SO SMOOTH」(2002年)、「素景」(2006年)などの東アジアの現代美術を紹介する企画展を継続的に開催してきました。今回紹介する蔡國強も、こうした活動の中で出会った作家のひとりです。「亜細亜散歩」(1994年)への参加を契機として、以来、資生堂は国内外で開催される蔡の主要な展覧会をサポートしてきました。

「時光」とは中国語で歳月を意味します。蔡自身が命名したこのタイトルには、資生堂と培ってきた長い歳月を一度振り返ってみたいという蔡の想いがこめられています。本展では、「時光」を織りなす春・夏・秋・冬をテーマに、パネルのうえに火薬を敷き詰めて爆発させる火薬ドローイングの新作を4点発表します。これらのドローイングに、天井から吊った金の小舟が階段の踊り場から展示室へ川の流れのように連なるインスタレーションを組み合わせて、長い時の流れを表現します。タイトルに込められた蔡の想いを、この詩的なインスタレーションから感じ取ってください。

メディア

スケジュール

2007年06月23日 ~ 2007年08月12日

アーティスト

蔡國強

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

Paintings by a Pyrotechnic

Shiseido Gallery holds an exhibition of Cai Guo-Qiang's explosive but serene artworks.

Rei Kagami tablog review

「時光 − 蔡國強と資生堂」展

「火薬の爆発」という技法によって確立してきた深い哲学

ourmuseum: (2007-07-02 at 23:07)

http://ourmuseum.blog82.fc2.com/blog-entry-118.html
蔡國強といえば、世界の色んなところで火薬を爆破させることで有名な現代アーティスト。
展示作品も、パネルの上に火薬を爆発させた火薬ドローイングでした。火薬という中国の伝統的な小道具を使っていながら、作品は過激かつユーモアがあってすごく面白い。

sightsong: (2007-07-16 at 20:07)

燃えて焦げるワビサビ。これまでの活動を振り返るヴィデオは必見。
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=810426

hokkamuri: (2007-08-12 at 23:08)

トーキョー・アートロニカ
http://artronica.jp/cai-guoqiang-shiseido/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use