エミリー・ウングワレー 展

国立新美術館

poster for エミリー・ウングワレー 展

このイベントは終了しました。

オーストラリアを代表する画家エミリー・ウングワレー(1910頃-1996)は、アボリジニ独自の世界観を背景に、美しく自由で革新的な作品を生み出しました。西洋美術の歴史とはまったく無縁な環境にありながら、その作品は抽象表現主義にも通じる極めてモダンなものとして、世界的に高い評価を得ています。長さ8メートルに及ぶ代表作「ビッグ・ヤム・ドリーミング」をはじめとする120点余りの作品を通して、エミリーの芸術の全容を日本で初めて紹介します。
料金等、詳細については、展覧会ウェブサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年05月28日 ~ 2008年07月28日

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2008-06-05 at 12:06)

Dreamtime on canvas
By Edan Corkill
Japan Times staff writer

"Let's be clear on this," says Akira Tatehata. "I am saying she is one of the best abstract Modern painters. All of those concepts — abstract, Modernism and maybe painting, too — would have been foreign to Emily. This is a totally alien context from which I view her work," he says. But, he shrugs, "That is all I can do. I can only interpret it with my own values — which happen to be very Modern"
...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080221a1.html

roppon: (2008-06-24 at 10:06)

もう一度観に行きたい。
今度は晴れた日に観に行きたい。
http://roppon-project.com/iyasaka/2008/06/post_135.shtml

sightsong: (2008-07-18 at 01:07)

いのち、痕跡、振動。かけがえのなさ。
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=1536658

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use