「チャップリンの日本: チャップリン秘書・高野虎市遺品」展

東京国立近代美術館フィルムセンター

poster for 「チャップリンの日本: チャップリン秘書・高野虎市遺品」展

このイベントは終了しました。

この2007年は、喜劇王チャールズ・チャップリン(1889-1977)が逝去して30年の節目となります。チャップリンの作品とキャラクターは今もなお各国の映画ファンに愛されていますが、その秘書が日本人であったことはそれほど知られてはいません。1916年から1934年まで、18年間にわたりチャップリンの秘書を務めた高野虎市(こうのとらいち)(1885—1971)は、チャップリンの全幅の信頼のもと、喜劇スターから世界の映画芸術のリーダーへと羽ばたいてゆくチャップリンを献身的に支えた人物でした。

昨年の春、京都において、近年発掘された高野の遺品を初めて公開する展覧会「チャップリンの日本」が催されましたが、この度フィルムセンターは東京でこの展覧会を開催する運びとなりました。これらの遺品にフィルムセンター所蔵のチャップリン関連資料を加えて、喜劇王と日本の交流や、日本におけるチャップリン映画の受容の歴史を振り返ります。

メディア

スケジュール

2007年10月30日 ~ 2007年12月27日
休室日: 月曜日および11月26日(月)−12月3日(月)

Facebook

Reviews

Aie Shimoguchiya tablog review

チャップリンの日本:チャップリン秘書・高野虎市遺品

親日家のチャップリンとその秘書だった日本人を知る

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use