加納光於 「止まれ、フィボナッチの兎」

ギャルリー東京ユマニテ

poster for 加納光於 「止まれ、フィボナッチの兎」

このイベントは終了しました。

加納光於は1933年東京生まれ。独学で銅版画を学び、’50年代半ばから作品を発表。’60年代にはリュブリアナ国際版画ビエンナーレ、東京国際版画ビエンナーレなど、数々の国際展で評価を高め、日本を代表する作家のひとりとなりました。その後’80年代からは色彩豊かな油彩作品を発表。国内外の美術館で個展を行い, 近年では2000年に愛知県美術館で大規模な個展が開催され、’05年には再度、リュブリアナ国際版画ビエンナーレの日本代表として版画作品を出品しました。

今回の新作は、次のタブロー作品へ繋がるエスキース的な要素を含んだ、油彩に紙の作品(大77x107cm、中78x58cm)25点を発表いたします。また、今夏に新しく刊行された版画集「汝、その噴水を避けよ」(インタリオ7点入)も展示いたします。

[画像:「止まれ、フィボナッチの兎」 油彩、紙 77.8x107.4cm]

メディア

スケジュール

2007年09月10日 ~ 2007年09月29日

アーティスト

加納光於

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use