ジャウメ・プレンサ 「サイレント・ヴォイス」

タマダプロジェクト ミュージアム

poster for ジャウメ・プレンサ 「サイレント・ヴォイス」

このイベントは終了しました。

1999年に開催されたジャウメ・プレンサ展は大きな反響を呼び、好評のうちに幕を閉じました。それから約7年半の歳月を経て、プレンサが再びこの場所に戻ってきます。今回は、2004年にオープンしたシカゴのミレニアムパーク内の巨大プロジェクト「クラウン・ファウンテン」の制作をはじめ、いまや世界の注目を集めるトップ・アーティストとなったプレンサの近作を紹介します。2008年夏に東京・神戸で予定されている、パリ国立オペラ初来日公演「青ひげ公の城(バトーク)/消えた男の日記(ヤナーチェク)」のデザインも手がけるプレンサは、舞台美術の世界でも目覚しい活動をしており、今回の展覧会も彼の卓越した空間感覚が生かされたものとなっています。歴史と今が交差する月島の広大なリノベーションスペースで展開されます。

また今回新たな試みとして、来館者から入場料を徴収し、収益の50%を人道医療団体またはアート関係のNPOに還元します。

支援予定団体:TOKYO ART BEAT、世界の医療団<メドゥサン・デュ・モンド>

メディア

スケジュール

2007年06月01日 ~ 2007年07月21日

アーティスト

ジャウメ・プレンサ

Facebook

Reviews

Lena Oishi tablog review

The Sounds of Silence - An Interview with Jaume Plensa

Internationally acclaimed Spanish artist Jaume Plensa has been active in wide ranging fields from sculpture and public art installations to stage design. His second Japanese exhibition since 1999, “Silent Voices”, is currently showing at the Museum at Tamada Projects.

Kosuke Fujitaka tablog review

ジャウメ・プレンサ展からTokyo Art Beatへの寄付!

6月1日(金) より月島のタマダプロジェクト ミュージアムにて開催されているジャウメ・プレンサ展の入場収益の一部をTokyo Art Beatへ寄付していただくことになりました。

Lena Oishi tablog review

静寂の音-ジャウメ・プレンサとのインタビュー

彫刻、パブリック・アート、舞台美術など、幅広い分野で活躍するトップ・アーティスト

novabosa: (2007-06-27 at 10:06)

【会期延長のお知らせです】

6月27日朝日新聞夕刊に掲載のとおり、会期を7月21日(土)まで延長いたします!
皆様のご来場をお待ちしております。

maiko: (2007-07-01 at 01:07)

『はじめましてこんにちは。』
『あっ、どうも。』
彼に、いや、彼の作品に出くわす度に声をかけたくなりました。いえ、声かけてました。笑

mari_chiquitita: (2007-07-08 at 23:07)

Listen to what you see. Feel the silence. Witness the words coming out from the still bodies.

Memory, Reality, Identity - we are structured by social influences - a lot of traumatic experiences and disorders. Something that won't speak out loud by itself. We hold it and suffer in silence.

I felt a strong sense of solitude from each body sitting on a ground in silence. I recalled my sympathy for him - my solitude man whom I could not give up on caring about for years. I wondered how much pain and solitude from people I deal with I have to feel and care about. I've always wished if I could have healed them. Then I realized I'm the one who has kept the pain and solitude. I first need to heal myself.

Nonsense letters form a shape of a man. It's Chaotic, Noisy, and Busy. He is faceless. A stranger meets strangers - there are plenty of them here indeed! But he's still alone in the chaos. It's called Tokyo Soul. It's neither good nor bad.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use