「マキノ映画の軌跡」展

東京国立近代美術館フィルムセンター

poster for 「マキノ映画の軌跡」展

このイベントは終了しました。

日本映画の父”と称された牧野省三(1878〜1929)が率い、長男の映画監督マキノ雅広(1908〜93)を筆頭に多くのスターや名監督・スタッフを輩出した映画集団“マキノ”は、日本の映画文化の原点ともいえる存在です。牧野省三が1919年に設立した「ミカド商会」に端を発し、その後「牧野教育映画製作所」や「マキノ映画」「マキノプロダクション」といった名称で、京都の洛西地域を拠点に展開した映画の製作活動は、マキノ正博(雅広)が設立したマキノ・トーキーに至るまで、18年間にわたる巨大な軌跡を描きました。大衆芸能の伝統とモダニズムが融合した“マキノ”映画は、京都を日本のハリウッドへと変貌させる原動力となりました。

“マキノ”映画の総合研究プロジェクト「マキノ・プロジェクト」を推進する立命館大学アート・リサーチセンター(立命館大学G-COE「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」)との共催により、スチル写真、雑誌、遺品など同センター所蔵の関連資料を中心とする展覧会を開催いたします。昨年、同センターが京都で開催した「京都に咲いた映画文化—マキノ映画の魅力—」の展示品に、両主催者などの所蔵する関連資料を加えて、日本のエンタテインメントの歴史に燦然と輝く“マキノ”映画の系譜を紹介します。大ホールでの上映企画「生誕百年 映画監督 マキノ雅広」とともにお楽しみください。

メディア

スケジュール

2008年01月08日 ~ 2008年03月30日
開場時間: 11:00-18:30

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use