「世界の表象:オットー・ノイラートとその時代」展

武蔵野美術大学 美術館・図書館

poster for 「世界の表象:オットー・ノイラートとその時代」展

このイベントは終了しました。

オットー・ノイラートは「アイソタイプISOTYPE」といわれる、ピクト、地図、図表を用いた視覚システムを今から約80年前に構想し、世界に広めた人として知られています。しかし、ノイラートがどのような人物であったかのか、これまであまり語られてきませんでした。
 
ノイラートは1882年にオーストリアのウイーンに生まれました。経済学者としての人生のスタートを切り、第一次世界大戦後バイエルン社会主義政権のもとで、中央経済省総裁を勤めます。しかし革命政権の崩壊により逮捕、投獄されます。その後ウイーンにおいて戦後の住宅問題を解消するためのジードルンク運動で大規模な自治組織「オーストリア住宅地・住居・建設ギルド」を組織します。またウイーン社会経済博物館の館長として、それまでのいわゆる「ヴンダーカマー(脅威の部屋)」の系譜からなる自然史博物館の概念とは全く異なる、市民が自分達の生きている社会や世界を知るための装置としての博物館を構想します。その時必要とされ、生み出されたものが視覚情報教育の新しいシステムであるアイソタイプだったのです。さらに彼はそれを使って、コメニウスの「世界図絵」とダランベールらの「百科全書」の20世紀版として「統一科学国際百科全書」刊行を構想していました。平行して彼は「ウイーン楽団」と呼ばれる論理実証主義哲学グループの中心人物でもありました。

ノイラートの視覚システムのアイデアはバウハウスやロシア構成主義のデザイナー達だけではなく、建築や都市計画の分野までに影響を及ぼしました。ル・コルビュジエを中心とした近代建築国際会議「CIAM」に招聘され、都市の様々な側面を視覚的に記述し分析するという都市計画に不可欠なテーマについて議論し、その影響は間接的にも日本の丹下健三にまで及んでいます。

今回の展覧会ではノイラートの仕事を世界を表象する三つの視点で紹介します。

[関連企画]
講演「世界の表象:オットー・ノイラートとその時代」
9月27日(木) 17:00-
美術資料図書館1階102講義室 入場無料
八束はじめ(芝浦工業大学教授)

シンポジウム「オットー・ノイラートと世界の表象をめぐって」
10月7日(日) 13:00-
美術資料図書館1階102講義室 入場無料
伊原久裕(九州大学准教授)、菊池誠(放送大学客員教授)
八束はじめ(芝浦工業大学教授)、寺山祐策(武蔵野美術大学教授)、
本庄美千代(美術資料図書館事務部長)、大田暁雄(芝浦工業大学博士課程)

メディア

スケジュール

2007年09月25日 ~ 2007年10月21日
休館日: 日曜・祝日 ただし10月7日(日)、10月21日(日)は開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use