「ル・コルビュジエと現代—21世紀における意味と世界遺産登録に向けて」シンポジウム

森美術館

poster for 「ル・コルビュジエと現代—21世紀における意味と世界遺産登録に向けて」シンポジウム

このイベントは終了しました。

フランスのル・コルビュジエ財団を中心として、世界に点在するル・コルビュジエ建築を世界遺産に登録する計画が現在進められています。日本ではその唯一である国立西洋美術館館長を交え、第1部では、その動向について、最新情報を含めたディスカッションを行います。第2部は、ル・コルビュジエの精神がいかに深く現在の日本の建築に影響を与えているかを、気鋭の建築家に語っていただきます。

第1部「世界遺産登録へ向けての国際的動向」
出演:M.J.P.デュポール(ル・コルビュジエ財団理事長)、青柳正規(国立西洋美術館館長)、キラン・ジョシ(インド・チャンディガール建築大学教授)、山名善之(東京理科大学助教授)、ほか

第2部「現代におけるコルビュジエの存在」
出演:伊東豊雄(建築家)、青木淳(建築家)、千葉学(建築家)、南條史生(森美術館館長)

会場:六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール
定員:500名
主催:森美術館、アカデミーヒルズ、国立西洋美術館

お申込み:
上記のプログラムはアカデミーヒルズとの共催プログラムとなります。ご参加はアカデミーヒルズのウェブページからお申し込み下さい。

※日英・手話同時通訳付

メディア

スケジュール

2007年05月26日 18:30~21:00

アーティスト

ル・コルビュジエ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use