アンリ・ミショー 「ひとのかたち」

東京国立近代美術館

poster for アンリ・ミショー 「ひとのかたち」

このイベントは終了しました。

ベルギー生まれのフランス画家・詩人、アンリ・ミショーは、記号とも生物ともつかない不思議な形態によるドローイングを1930年代から半世紀にわたって描き続けました。サボテンから抽出される幻覚剤メスカリンの実験的服用によってイメージが発生する地点を探求するなど、きわめて独特な制作活動を展開し、現代の画家の多くに影響を与えた、知る人ぞ知る存在です。

彼の作品は常に、流れるような運動感を帯び、エネルギーの奔流に満ちています。そして、そこには頻繁に無数の人間の姿が浮かび上がってくるのです。今回の展覧会は、とりわけこの人物像の出現に注目しつつ、ミショーの奥深い世界をあらためて探ろうとするものです。一気呵成に、駆け抜けるようにして描き上げられた彼の画面の中に、わき上がるように生まれ出、動き回るひとのかたちには、長く人間を描いてきた絵画という営みを今一度原点から問い直させるような原初的な力が秘められています。

[関連イベント]
「ジョセフ・ナジの<ASOBU>とミショー」
日程:7月1日(日)
時間:14:00-15:30
場所:講堂
松井憲太郎(世田谷パブリックシアター プログラム・ディレクター)

「アンリ・ミショー ひとのかたち」
日程:7月14日(土)
時間:14:00-15:30
場所:講堂
中林和雄(当館美術課長・本展企画者)

*いずれも当館講堂にて 聴講無料、申込不要、先着150名

「キュレーター・トーク」
日程:8月10日(金)
時間:18:00-19:00
場所:ギャラリー4
中林和雄(当館美術課長)

【画像:「ムーヴマン」1950-51年 個人蔵】

メディア

スケジュール

2007年06月19日 ~ 2007年08月12日

アーティスト

アンリ・ミショー

Facebook

Reviews

Rachel Carvosso tablog review

Movements on Mescaline

The National Museum of Modern Art, Tokyo exhibits Henri Michaux's lyrical abstractions.

m_m1941: (2007-08-12 at 17:08)

松代守弘の展示日記
http://blog.goo.ne.jp/m_m1941/e/610ee527273f7476a20294ed5f68f63e

シンボリカル(象徴的)な要素とアレゴリカル(比喩的)な要素が分かちがたく混在しているように思え、その意味では向き合うのに少々しんどい作品だったように思える。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use