poster for 薮野圭一 展

このイベントは終了しました。

1941年生まれの薮野圭一は1959年18歳で二科展に初入選し、若くからその才能が評価されながらも、家業継承のため画家への夢をいったん断念しました。1990年には安井賞展入選、50歳を機に画業に専念することを決意、東京においても個展を開催するなど精力的に発表を重ねました。その後アリゾナ、メキシコ、グアテマラなどを歩き、ニューヨークにて滞在制作を行いました。海外での暮らしはそれまでの価値観を根底から覆し、自らの作品をもう一度見直す契機となり、情報が溢れる現代において、必要以上の情報はなくても良いと考え、50歳からは新聞・テレビといったメディアからの情報を得ることを一切絶ちながら、創作活動を行っています。
今回アートフロントギャラリーでは、新作の金属片をベニヤ板にはめ込んだレリーフ状の作品を発表致します。45cm角のフレームには半立体的な植物をモチーフとしたものから線状の形と注意深い色合いによる抽象的な表現まで様々です。50歳からの再出発。しかしながらその作品は非常にエネルギーに満ち初々しくも感じます。

メディア

スケジュール

2007年01月16日 ~ 2007年01月28日

アーティスト

薮野圭一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use