文承根 + 八木正 「1973-83の仕事」

千葉市美術館

poster for 文承根 + 八木正 「1973-83の仕事」

このイベントは終了しました。

その才能を高く評価されながら1980年代前半に早世した二人の美術家、文承根(1947−82)と八木正(1956−83)の遺作展。1970年代から 80年代初頭の日本現代美術の転換期に、多大の可能性を含んだ質の高い作品を遺した二人の美術家の業績を、美術史の流れに沿って再評価を試みようとする最初の展覧会となります。

[関連イベント]
シンポジウム「1970年代・高松次郎以後」
10月6日(土)/14:00より/11階講堂にて/先着150名 聴講無料
【講師】中原佑介(兵庫県立美術館館長・美術評論家)
【講師】峯村敏明(美術評論家)
【講師】建畠晢(国立国際美術館館長・美術評論家)

講演会「1970年代とは何か—思想的見地から—」
10月7日(日)/14:00より/11階講堂にて/先着150名 聴講無料
【講師】千葉成夫(中部大学教授・美術評論家)

担当学芸員によるギャラリートーク 
9月24日(月)、26日(水)、30日(日)/11:00より

ボランティアスタッフによるギャラリートーク
会期中の毎週水曜日/14:00より

[画像: 八木正《中間子》1980年 千葉市美術館蔵]

メディア

スケジュール

2007年09月23日 ~ 2007年11月04日

アーティスト

文承根八木正

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use