椿会展 2007 「Transfigurative」

資生堂ギャラリー

poster for 椿会展 2007 「Transfigurative」

このイベントは終了しました。

「椿会」は、第二次世界大戦で一時中断していた資生堂ギャラリーの活動を1947年再開するにあたり誕生したグループ展です。資生堂のシンボルマークである花椿にちなんで「椿会」と名づけられ、以来、時代と共にメンバー編成を変えながら、一昨年に終了した第五次椿会まで、資生堂ギャラリーを代表する展覧会として半世紀以上にわたって継続してきました。そして、「椿会」誕生から60周年を迎える今年(2007年)からは、新たに結成された以下のメンバーによる第六次椿会が活動を開始します。

初回となる本年は伊庭靖子、祐成政徳、袴田京太朗、やなぎみわの4名が出品します。

第六次椿会の活動期間は、2007年から2009年までの3年間。毎年メンバー全員が発表するのではなく、各年6名中4名が出品。毎年顔ぶれを少しずつ変えることで、常に緊張感と新鮮味あふれる、グループショーをめざします。さらに、第六次椿会では、毎年出品作家の話し合いの中で、テーマも含めて展覧会をつくりあげていく、ということを試みます。

すでに、3年間を通してのコンセプトとして「Trans-Figurative」が話し合いの中からうまれています。「Figure(形象)」を「Trans(超える)」というこのコンセプトは、第六次椿会メンバーの仕事を象徴するとともに、これまでの椿会のイメージを超える、そして、各アーティストも現在の自己の世界を超える、という想いを含んでいます。テーマの下にアーティストが集められるのではなく、「椿会」という場に出会ったアーティスト達自らが、テーマも含め展覧会を構築していく。第六次椿会のこの試みは、グループショーの新たなかたちを模索します。

【やなぎみわ 「My Grandmothers: SHIZUKA」140×100cm ライトジェットプリント 2004】

メディア

スケジュール

2007年04月10日 ~ 2007年06月10日

Facebook

Reviews

Lori Kornegay tablog review

Art and Transfiguration in Ginza

Rising like a colossal red lipstick in the heart of Ginza, the Shiseido Building is a sophisticated and striking sight in a sea of look-at-me structures.

seasail: (2007-06-07 at 10:06)

袴田京太朗さんの、壁におでこをくっつけて(うちつけて?)張り付いてる(浮いてる?)人たちのひとりを連れ帰る自分という、妄想(幻覚?)にとらわれました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use