安藤忠雄 「挑戦 ー原点からー」

ギャラリー・間

poster for 安藤忠雄 「挑戦 ー原点からー」

このイベントは終了しました。

建築家・安藤忠雄氏は1970年代、建築雑誌『都市住宅』に執筆した初めての論文「都市ゲリラ住居」というマニフェストと、それを体現した独立住居「住吉の長屋」によって広く社会にその名を知られる存在となり、以降、現代社会の批判とも言うべき斬新な建築作品をつくり続けてきました。1990年代後半からはその活動の舞台を徐々に世界に広げてゆき、今日ではヨーロッパからアメリカ、アジア、中近東にいたる世界各地でグローバルな活動を展開しています。

本展は、そうした安藤忠雄氏の30数年に及ぶ建築活動を、それぞれがつくられた”場”に注目して振り返り総括しようとするものです。大阪、神戸、東京、ベニス、アブダビ、メキシコ、バーレーン―ここで採り上げられる10件余りのプロジェクトは、つくられた”場所”のみならず計画時期、スケール、プログラム共に全く異なる状況下の建築ですが、その多様な表現の背後には、ある一貫した建築家の思想が見受けられます。建築を単体で考えるのではなく環境形成の手段として捉えるという、より総合的な建築の考え方、そしてそれを自然と建築との”共生”によって実現しようという自然に拠る建築の方法です。この点において、30年前に大阪都心部の密集住宅地につくられた極小住宅「住吉の長屋」と中東のアブダビで計画中のモニュメンタルな文化施設「アブダビ海洋博物館」は一本の線で結ばれるのです。

会場には、安藤建築の”原点”に当る「住吉の長屋」を原寸大模型で再現するとともに、それぞれの”場所”に息づく安藤建築をスケッチ、模型、ドローイング、映像などでさまざまな角度から紹介して本質に迫ります。”環境”が主題とされる現代にあって、”場所”と”自然”との関わりを一貫して追い続ける安藤忠雄氏の建築活動の軌跡を辿ることは、未来へつながる重要な視座を与える機会となるでしょう。

大好評開催中の安藤忠雄建築展が大阪へ巡回することになりました。
安藤氏が三十代だったときの代表作「住吉の長屋」「光の教会」の縮尺1/10サイズのコンクリート模型を展示する他、ライフワークである「六甲の集合住宅」、2008年に竣工したばかりの「渋谷駅」「東京大学福武ホール」などの国内作品、現在進行中の「プンタ・デラ・ドガーナ再生計画」「モンテレイ大学 RGSセンター」などの海外最新作まで、そろって大阪に凱旋して安藤氏の建築への飽くなき“挑戦”を辿ります。

メディア

スケジュール

2008年10月03日 ~ 2008年12月20日

アーティスト

安藤忠雄

Facebook

Reviews

Darryl Jingwen Wee tablog review

Zero Degree Conditions

Gallery Ma holds a 30-year survey of Tadao Ando's buildings from all over the world.

zazix: (2008-11-24 at 17:11)

まず、展示方法にびっくり!
次に展示されているプレゼン方法(ミニチュア)にもびっくり。
そして全体の作品を観終わった後、遊び心あふれる発想力とデザインにも感激しました。


あまり、建築には知識がなく今回の展示で「この建築物のそうなんだ!」というものが多かったですが、初心者の方にも楽しめると思います。
感想はこちらにも掲載しています。

http://ameblo.jp/zazix/entry-10169074938.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use