「トレース・エレメンツ -日豪の写真メディアにおける精神と記憶」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for  「トレース・エレメンツ -日豪の写真メディアにおける精神と記憶」展

このイベントは終了しました。

「トレース・エレメンツ」には「痕跡の要素」と、生物学の「微量元素」(体内に保持されている微量ながらも生命活動に不可欠な元素)の二つの意味があります。現代社会を生きる私たちに不可欠な記憶、自我、精神、身体の知覚、個人または集団の歴史に写真メディアが及ぼす影響とは何でしょうか?
「トレース・エレメンツ」は、出来事の「記録装置」から複数の記憶と時間を発明する「記憶創造装置」へと、その役割を変化させつつある現代の写真メディアの多様なあり方を提示します。

展覧会関連イベント シンポジウム
「パート・パスト・パート・プレゼント・パート・フィクション ─ トレース・エレメンツ」
7月19日(土) 14:00〜17:00
会場: 東京オペラシティビル7F 第1、2会議室
定員: 180名(全席自由)
参加費: 無料(要申込)

この他イベント、詳細、お申し込みについては美術館サイトをご覧下さい。

メディア

Facebook

Reviews

Olivier Krischer tablog review

Reflections on a Particular Moment — Do you see what I see?

Tokyo Opera City Art Gallery presents a meditation on the body and memory through the lens of Japanese and Australian photomedia.

Olivier Krischer tablog review

Curating the Unattainable

Shihoko Iida, one of the curators of 'Trace Elements' talks to TAB about the exhibition and her broader activities as a curator.

Ashley Rawlings tablog review

Ghosts in the Lens

Lieko Shiga's photographs are a haunting vision of the world. The artist talks to TAB about communication, time and death.

Ashley Rawlings tablog review

レンズの中の幻影

志賀理江子さんの写真は、脳裏に焼きつくような不気味な世界観を映し出しています。今回は、その志賀さんにコミュニケーション、時間、そして死について語っていただきました。

museo: (2008-07-19 at 17:07)

最高に面白かったです。
ちょっと怖い作品もあって、暑い日にはぴったりかも。

superlight: (2008-09-03 at 01:09)

some amazing pieces, i particularly loved Furuhashi Teiji's LOVERS. and also Sophie Kahn's 3d scan artworks was quite interesting.

henacyoko: (2008-09-18 at 01:09)

知らなかった「傷跡」をみてしまったような、、、ちょっとドキドキする展覧会でした。
http://henacyoko-art.at.webry.info/200809/article_4.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use