「here's why patterns」展

MISAKO & ROSEN

poster for 「here's why patterns」展

このイベントは終了しました。

「here’s why patterns」参加作家:
ジョシュ・ブラックウェル(1972年アメリカ生まれ、ニューヨーク在住)は、ファッションの視覚的言語(時には素材そのもの)を用い、アートというコンテクストの中で、さらなる抽象性を追求します。

ファーガス・フィーリー(1968年アイルランド生まれ、ダブリンおよびシュトゥットガルト在住)のペインティングやドローイング、オブジェは、彼の内面を控えめに表現したものです。これらの作品は、壮大な、あるいはささやかな主題を、アート/抽象化を通じて、理解するために機能しています。

ルース・ラスキー(1975年アメリカ生まれ、サンフランシスコ在住)の織物と水彩画の習作は、日常におけるアート/抽象の意味/場所を、あらためて主張します。

東京での日々の生活体験に根付いた南川史門(1972年東京生まれ、東京在住)の作品は、現代文化とアートの関連性を描き出しています。

[画像: Josh Blackwell 「Verlyn (XXL)」 (2007) Paper, gouache, pins 59.5 x 53 inches 151 x 134.5 cm]

メディア

スケジュール

2008年06月14日 ~ 2008年07月13日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use