「生誕100年 川喜多かしこと ヨーロッパ映画の黄金時代」上映

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

2008年3月21日は川喜多かしこ(1908-1993)生誕100年の記念日に当たります。川喜多かしこは、東和商事(現・東宝東和)の社長で夫でもある長政とともに、戦前より数々の優れたヨーロッパ映画を日本に輸入するかたわら、日本映画の海外への普及や、「アート・シアター」運動、「フィルム・ライブラリー」運動にも先駆的な役割を果しました。
川喜多記念映画文化財団との共同で開催される本企画では、かしこ夫人が初めて輸入にかかわった『制服の処女』(1931年)などのドイツ映画をはじめ、30年代のフランス映画、戦後のイギリス映画など、東和の配給で紹介された作品59本の上映を通して、我が国におけるヨーロッパ映画の黄金時代と「アート・シアター」運動の軌跡を回顧します。

トーク・イベント
日程:8月5日(火)
時間:19:00
『禁じられた遊び』上映終了後
ゲスト:佐藤忠男(映画評論家)

日程:9月7日(日)
時間:14:00
『バルタザールどこへ行く』上映終了後
ゲスト:ドナルド・リチー(映画評論家)

メディア

スケジュール

2008年07月25日 ~ 2008年09月28日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use