「The Edge 1. Photography」展

Ginza the Edge

poster for 「The Edge 1. Photography」展

このイベントは終了しました。

銀座の新しいギャラリー、Ginza the Edge第一回目は、写真家、エディター、そして出版者のアリン・ヒューマ企画による「Edge」(エッジ)をテーマにした展覧会シリーズです。この展覧会シリーズは、エッジ、つまり「端」に関連するものごとを展開していきます。シリーズ第一弾となるこの展覧会では、写真とはいえ、通例の写真展または写真集に収まるような固定概念を超越した作品が並びます。写真というコンセプトの淵をたどる、これまでの銀座ギャラリーシーンには見られなかった展覧会です。

世界の各地から集まった4人のアーティストたち、松山直樹 (ミラノ)、Pete Toms (NY)、Arnaud Meuleman (ブリュッセル)、Gilles Weinzapflen (パリ) - 彼らが提示するのはデジタルカメラやネットで公開されている写真など、21世紀まれに見る生活の一面です。現実から切り取ったイメージ、ブログや日記などに載せる写真という、それらのイメージはありのままに受け止められるべきものです。この展覧会では、イメージを通してアーティストの視点を共有するとはいえ、彼らを写真家と呼ぶのにはふさわしくなく、少なくともこれらのイメージはきどった芸術としての”写真”ではないことは確かです。

オープニング・パーティー: 2月15日 18:30〜

メディア

スケジュール

2008年02月15日 ~ 2008年02月29日

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

"The Edge" Opens at the Edge of Ginza

Artist Alin Huma has opened his apartment for the first in a series of exhibitions, with this one titled "The Edge".

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use