横浜トリエンナーレ 2008 - 新港ピア

ハンマーヘッドスタジオ「新・港区」

poster for 横浜トリエンナーレ 2008 - 新港ピア

このイベントは終了しました。

日本最大級の現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」がいよいよ開幕!展示会のテーマは「TIME CREVASSE タイムクレヴァス」。

2001 年に始まった現代美術の国際展「横浜トリエンナーレ」の第3回展。総合ディレクターの掲げるテーマに基づき、世界各地より60〜70名程度の作家を選定し、多様な作品 (映像、インスタレーション、写真、絵画、彫刻等) を展示します。世界最先端の現代美術の紹介に努め、新作を中心に展観する一方、開催地・開催場所の魅力や個性を生かした作品 (サイトスペシフィック・ワーク) も数多く含めることによって、街を取り込んだ大規模な「現代アートの祭典」といたします。
会期中は、トリエンナーレのコンセプトや理念を補完するシンポジウムをはじめ、作家と参加者との対話が広がるようなワークショップやギャラリー・トークなどの交流イベントも積極的に展開。また、国内外の美術機関や他の国際展との連携も模索していきます。

横浜港でもっとも長い歴史を刻む新港ふ頭に新たに建築された建物 (本年8月竣工、延床面積約4,300m²) が、今回のトリエンナーレのメイン会場です。間口33m、奥行き132m、最大天井高約12mの柱のない大空間は、トップライトやハイサイドライトによる上方採光を通し、明るく均質的な空間が志向されています。建物の杮落としともなる横浜トリエンナーレ2008では、約30人の作家による多様な形態の作品に対応できるよう会場を構成いたします。会場内にはカフェとミュージアム・ショップもオープンの予定です。

この他のメイン会場、横浜赤レンガ倉庫1号館BankArt Studio NYK< /a>でも開催されます。

主催:お問い合わせ: [ハローダイヤル]
03-5777-8600/050-5541-8600(日本語 8:00~22:00)
03-5405-8686(English 9:00~18:00)

メディア

スケジュール

2008年09月13日 ~ 2008年11月30日
10:00~18:00 (入場は閉場の1時間前まで)

アーティスト

マリナ・アブラモヴィッチ荒川医 と向井麻理ジョン・M.アームレーダーマシュー・バーニージェローム・ベルウラ・フォン・ブランデンブルグツァオ・フェイ / 曹斐ポール・チャンチェルフィッチュチョウ・ミンスク と ジョセフ・グリマ & ストアフロント・チームニキル・チョプラトニー・コンラッドケレン・シターハンネ・ダルボーフェントリシャ・ドネリーマイケル・エルムグリーン & インガー・ドラッグセットペーター・フィッシュリ & ダヴィッド・ヴァイスディディエ・フィウザ・フォスティノルーク・ファウラー と角田俊也マリオ・ガルシア・トレスダグラス・ゴードンロドニー・グラハムシルパ・グプタ灰野敬二シャロン・ヘイズクリスチャン・ホルスタッドキャメロン・ジェイミークスウィダナント a.k.a. ジョンペットジョーン・ジョナスミランダ・ジュライマイク・ケリーハッサン・カーンピチェ・クランチェンテレンス・コー小杉武久マーク・レッキーティム・リーレナータ・ルーカスホルヘ・マキとエドガルド・ルドニツキーポール・マッカーシーヨナタン・メーゼグスタフ・メッツガー内藤礼中西夏之中谷芙二子ヘルマン・ニッチュ大巻伸嗣オノ・ヨーコパク・シュウン・チュエン / 白雙全フィリップ・パレノファルケ・ピサノミケランジェロ・ピストレットマティアス・ポレドナスティーヴン・プリナニック・レルフ & オリバー・ペインペドロ・レイエスジミー・ロベール笹本晃ティノ・セーガル田中泯勅使川原三郎リクリット・ティラヴァニャツィ・クァンユー / 崔廣宇ダン・フォートリス・ヴォナ=ミシェルクロード・ワンプラーケリス・ウィン・エヴァンス

Facebook

Reviews

Olivier Krischer tablog review

Yokohama Triennale 2008: Shinko Pier

To kick start its coverage of the Yokohama Triennale, TAB is bringing you a series of photo reports from a variety of locations in Yokohama to give you a glimpse inside this city-wide art extravaganza.

Darryl Jingwen Wee tablog review

Yokohama Triennale 2008: Fischli and Weiss

The latest installment in a loose trilogy of adventures featuring Swiss artists Peter Fischli and David Weiss dressed as a rat and a bear is showing at Shinko Pier.

Rachel Carvosso tablog review

Yokohama Triennale 2008: Cerith Wyn Evans and Throbbing Gristle

The British artist and sound art collective have collaborated to produce one of the triennale's most simple but striking installations.

M. Downing Roberts tablog review

Yokohama Triennale 2008: Pedro Reyes

The political icons of the 20th century perform once again in the Mexican artist's semi-comical reflection on history and ideology.

Makoto Hashimoto tablog review

横浜トリエンナーレ2008がオープン

日本最大級の現代アートの国際展

Yuya Suzuki tablog review

横浜トリエンナーレ2008-三溪園を中心に

日本庭園で日常から奈落の「クレヴァス」を覗き込む

Baba Shinichi tablog review

横浜トリエンナーレ2008-ビデオレポート&インタビュー

話題の国際展のオープニング風景と、関係者へのショートインタビュー

Makoto Hashimoto tablog review

横浜トリエンナーレ2008とその周辺にて

連日様々なパフォーマンスや展覧会が開催されています

takatokyo: (2008-09-30 at 01:09)

kusagauma: (2008-10-01 at 17:10)

きついコメントのいろいろと実際に気に入っていた作品のいくつか。
http://kusagauma.blogspot.com/2008/09/yokohama-triennale.html

jercortial: (2008-10-01 at 22:10)

充実したレポートで面白かった。残念ながら、TABが有名なのに、日本人の意見をあまり見ないな・・・どこにあるかな?

hiraking: (2008-10-02 at 02:10)

とりあえず行ってみた。
http://blog.hiraki.jp/archives/2008/09/27-155610.php

spoonful: (2008-10-03 at 00:10)

rogermc: (2008-10-17 at 00:10)

`Deserately Trying to Fall Down a Crevasse`. Review of The Yokohama Triennale 2008 by Roger McDonald on The Tactical Museum.
http://rogermc.blogs.com/tactical/2008/10/desperately-try.html

kyuuuu: (2008-10-20 at 22:10)

今回の横浜トリエンナーレは難しかったです。おもしろいものもあったけど。
http://opqrst.exblog.jp/9725069/

lssah: (2008-11-01 at 19:11)

ようやく行ってきました。
パフォーマンス中心とは聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。
難解なパフォーマンスのビデオが流されているか、パフォーマンスの舞台が展示されているばかりで、会場はすかすか。第1回と2回のような濃密感は全くなし。
お客さんは結構来ていましたが、面白かったのかな?
アートマニアが見てつまらないのだから、多分だめでしょう。
それに比べ、BankART1929で開催中のBankARTLifeIIは、珍しく出来が良かったです。

ameg: (2008-11-03 at 00:11)

ameg: (2008-11-03 at 00:11)

ameg: (2008-11-03 at 00:11)

ramarama: (2008-11-05 at 16:11)

ここがメイン会場ってほんと...?

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2008/11/post-1380.html

yoshihiroueda: (2008-11-16 at 15:11)

ここはもちろん欠かせませんが、三渓園会場へも行くことをお勧めします。
http://ryokan.exblog.jp/7612527/

mari_chiquitita: (2008-11-16 at 16:11)

In 2005, when I stepped into the huge warehouse in the port of Yokohama without having a single idea of what could be there for me to see, I was amusingly surprised by what I saw there - an amusement park of contemporary art with a bunch of huge installation works which little kids and their parents enjoyed playing around.

I've been to many contemporary art exhibitions and expositions in the US and Japan, but I had never seen such a scenery at a contemporary art exhibition before. I found Yokohama Triennale had a very unique concept of letting everyone in the earth enjoy contemporary art whether they have a certain level of knowledge to appreciate contemporary art or not. It was a grand introduction of contemporary art to people on the street.

I was also amused by the works by local Japanese artists and young international artists whom I've never heard their names before.
This kind of a big art exposition especially, if its theme of art is "contemporary", it should give people opportunity to discover new artists they'd favor.

3 years later, when I stepped into the huge warehouse with a better idea and expectation of what I would see there, I was disappointed. First, I even had hard time recognizing the fact that I was actually in Yokohama Triennale exposition. What I saw there was very similar (if not exactly the same) to what I've seen at many contemporary art exhibitions in the US. I felt like I was back in college when I was taking a "New Art" class. "Time Crevasse"? back to the good old time, they meant? If those already considerably well-known international artists like Yoko Ono, Matthew Barney, and Douglas Gordon matter, I'd rather go to see their works in NY or London. After giving a very friendly opportunity to people for enjoying contemporary art 3 years ago, now has their mission transformed to "educate" the people with the boring "New Art" class materials?
Did my teacher send me to the Red brick warehouse to see those old video clips of history of performance art that included a historical Butoh perfomance and public art performance?

Suggestions for those who have specific taste or fetishism:

Do you miss the "anti-war" art phenomenon which occurred in the US right after the Iraq war begun and most of them looked nothing but a mass of junk?
You must see Jonathan Meese. His narcissistic expression is very familiar and just freaks me out!

Are you a mystic scatologist?
You'll love Matthew Barney's 45 min video work. But I'd recommend you to go into the dark room only for the last 15 minutes of the video unless you want to take a nap in a nicely chilly dark room for 30 minutes.

Are you a bloody horror movie lover?
Get a real feeling with Herman Nitsch. You'll enjoy watching his bloody ritual that is meaninglessly intrusive with its poor content.

Do you love shaved pussy & grade-B horror picture?
Get a nice view at Paul & Damon McCarthy's video installation.

Do you love Potato?
I guarantee that you'll enjoy works at BankART Studio NYK. Check out Rodney Graham & Aki Sasamoto and share your love for potato with them! Make sure to have a nicely cold Potato cake with pieces of cold boiled potato inside at a cafe there before you leave the exhibition. (You can't enjoy the taste unless you truly LOVE potato.)

View photos from Yokohama Triennale 2008: http://www.facebook.com/photo.php?pid=30172742&l=eee17&id=1295497413

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use