池口史子 展

渋谷区立松濤美術館

poster for 池口史子 展

このイベントは終了しました。

渋谷区神宮前に住む池口史子(1943年〜)は、東京藝術大学油画科(山口薫教室)に学び、同大大学院修了後、個展やグループ展を中心に作品を発表。1980年代よりアメリカ・カナダに取材し、寂寥とした町並みや風景を独自の視点で描き、第27回損保ジャパン東郷青児美術館大賞を受賞するなど、現在最も注目される女流画家の一人である。
本展では、それらの風景画と併せて、物憂げながら凛とした女性像、生命感溢れる花などを描いた近年の作品約100点を紹介し、その魅力を回顧する。

講演会「静謐なる絵画」
日時: 10月25日(土) 14:00から
講師: 多摩美術大学教授 本江邦夫氏

池口史子氏によるギャラリートーク
日時:10月11日(土) 14:00から

[画像: 「ワイン色のセーター」(2002〜2003)]

メディア

スケジュール

2008年10月07日 ~ 2008年11月24日

アーティスト

池口史子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use