平川典俊 「正面玄関」

NANZUKA

poster for 平川典俊 「正面玄関」

このイベントは終了しました。

この度NANZUKA UNDERGROUNDは、国際的に活躍しているコンセプチュアル・アーティスト、平川典俊による新作個展を開催する運びとなりました。

平川は、これまでHermes Forum, (東京)、Museum of Moderne Kunst Frankfurt(フランクフルト)、Wako Works of Art, (東京)、Galerie Emmanuel Perrotin (パリ)、Zeno X Gallery (アントワープ)、Deitch Projects (NY)にて個展を開催しています。また、Venice Biennale (1994)などの国際展を含め、近年ではP.S.1(NY)、 Leeum (ソウル)、Museum Kunst Palast(デュッセルドルフ)などのグループ展にも参加しています。その作品は、ボルドー現代美術館、SMAK美術館、フランクフルト現代美術館、東京都現代美術館などに収蔵されるなど、国際的にも高い評価を得ています。

平川典俊は、自殺者が最後に見た風景を描写する事によって人間の避けがたい死への誘いと恐怖を表した「S」、公共の場所での下着を見せることによって隠微された女性の欲望を表出した「The reason of Life」、日本の社会制度とその中に生きる人間の身体的衝動のせめぎ合いを路上で下着を脱いでしゃがんだ女性像というスキャンダラスなイメージによって表した「東京の夢」など、常にその作品を通して社会の矛盾やタブーに挑み続け、偽らざる真実を視ようと探求を続けているアーティストです。

今回の個展において、平川典俊は渋谷という街に焦点を当て、この街に集まる若い女性の姿を通して現代の日本社会における娘と親の間のコミュニケーションに関する問題を考察します。2008年現在の日本社会において、多くの娘は親の知らない日常を生き、一方で時として親は家族という共同体の維持のために表層のモラルを娘に強要しています。その抑圧の影で、家族の一員を演ずる娘の現実が、家族の架空の現実から浮遊し、その本当の存在意義が消失していることに多くの人は気づいていません。今回展示される作品は、「親の知らない娘の姿と、娘の現実を認知する親の姿」いう本来あるべき親子間の偽りなきコミュニケーションを象徴する写真のシリーズ「正面玄関」と「私の提案」からなります。

本作品は、最近の日本社会における象徴的な事件(親を困らせる目的で行われた無差別殺人やバスジャック、子供の虐待、あるいは親殺しといった事件など)によって表面化している親子間のコミュニケーションの崩壊についての問題提起として制作されました。

本展覧会に向けて、平川は次のように語っています。 「アートの本来的な機能は、制度が作り上げた社会の常識や世間の目にとらわれることなく、人間存在の本質的な意味やあり方を問いその視点から新しいあるべき嘘のない人間の生き方を社会に示していくことでもあると思っています。」

本展を皆様にご高覧頂ければ、幸いでございます。

カクテルパーティー: 2008年9月15日 (月) 19:30-21:30
*9月15日は、WAKO WORKS OF ARTとの合同パーティーになります。
「Silence in the Light」展オープニング: 2008年9月15日(月) 17:00-19:00
(こちらは平川典俊、砂入博史、アート・リンゼイによるグループ展で、平川は浜岡原子力発電所で知られる遠州灘を撮影したシリーズ 「In Reminiscence of the Sea」を発表します。)

メディア

スケジュール

2008年09月13日 ~ 2008年10月12日

オープニングパーティー 2008年09月13日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

平川典俊

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use