窪田美樹 「かげとり -光に追い込む」

H.P.FRANCE WINDOW GALLERY

このイベントは終了しました。

壁面に釘で貼りつけられた、或いは無造作に床に置かれた、既成の家具から制作される窪田の作品を目の前にすると、身体的な感覚を揺さぶられつつも、まるで時が止まったかのような静寂と、安心感に包まれます。家具の表面を削りとり、間を合板やパテで埋め込み、さらに丁寧に研磨するという行為の結果として立ち現れる、抽象絵画をも思わせる美しさを湛えたなめらかな断面は、見る者を魅了します。それは、普段見ることも触ることもできない「内面」を、惜しげもなく私たちにさらけ出しているかのようであるからかも知れません。光と物体が存在する限り、すぐそこに現れる影。「かげ」を「とり」去るというタイトルや、その制作手法からイメージする、実在するものから何かを取り去ろうということ以上に、この世界を何かで埋めたい、満たしたいという窪田の欲求を感じずにはいられません。虚構と現実の間をいつも静かにみつめている彫刻家、窪田美樹の作品をこの機会にぜひご高覧ください。

メディア

スケジュール

2008年11月07日 ~ 2009年01月08日

オープニングパーティー 2008年11月07日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

窪田美樹

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use