「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展

森美術館

poster for 「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展

このイベントは終了しました。

“チャロー”はヒンディー語で“行こう”を表す言葉です。チャロー!インディア(行こうよ!インドへ)を合言葉に、あなたもインド現代美術の新たな創造性と活力に出会う旅へ出かけてみませんか。本展は、インド各地を拠点に活躍する27組のアーティストによる絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどさまざまな作品を通して、国際的に大きな注目を集めるインド現代美術の「今」の姿を浮き彫りにする展覧会です。
アジアの大国インドは1947年の独立の後、欧米から移入された近代的な美術と独自の文化に基づいた表現の探求が続けられてきました。この60年間で、徐々に政治的・社会的な批判を体現した新しいタイプの作品も生まれてくるようになり、90年代以降は急速な経済発展とグローバル化、さらには都市化や変容する現代のライフスタイルを反映した作品が登場し始めました。現在では、美術の市場拡大もあいまって、活発なアートシーンがインドの国内外に展開されています。
「チャロー!インディア」展では建築家や知識人を巻き込んだ社会学的なプロジェクトや、IT大国ならではの先端技術を駆使した体験型作品など、100点以上の作品が登場します。悠久の歴史や神々と信仰、歌って踊るボリウッド映画、目覚めた経済大国といった言葉では語り尽くせないインドの魅力。本展では、インド現代社会が抱えるさまざまな矛盾、彼らの抱く夢や希望、未来へ向かうエネルギーと向き合い、その実像と新たな魅力に迫ります。

トークやレクチャーも開催します。詳しくはHPをご覧下さい。

メディア

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

To India: Chalo!

The new mammoth Mori Art Museum exhibition takes visitors on a dizzy tour of India and its dynamic contemporary art.

Yuya Suzuki tablog review

ramarama: (2008-12-18)

Thukral & Tagraの部屋をみて、あれ?この感じ、知ってるような...。
あとで調べたら、2008年4月のアートフェア東京で、見ていました!......

http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2008/12/post-63d4.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use