「強制終了」クロージング・パーティー

ラディウムーレントゲンヴェルケ

poster for 「強制終了」クロージング・パーティー

このイベントは終了しました。

レントゲンヴェルケは、六本木「ヴァイスフェルト」を閉館し、2008年3月より馬喰町へ移転、新スペース「ラディウム」を開廊する事となりました。この閉館を記念して「強制終了」と題したクロージングイベントが開催されます。

2003年4月に以来、5年間、六本木コンプレックスは、芸術中心の街づくりの先駆けとなり、ほぼ同時にオープンした森美術館とともに、現在の「アートタウン六本木」の起点となりました。今や東京のアートシーンは、きわめてダイナミックな展開を見せています。コンプレックス閉館後も、各々のギャラリーは新たなる場所で活動をつづけ、今後も東京アートシーンの中心を担ってゆくことでしょう。

惜しまれつつ閉館となるコンプレックスビルへのオマージュと、新天地での大いなる飛躍を願う「強制終了」です。

ゲスト: DJ 親方(現場東京)、DJ WATARU(現場東京)、福永和三郎(アホロートル/アクシオンディレクト)、他

メディア

スケジュール

2008年02月23日 19:00~21:00

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Roppongi Gallery Building Closes

Five of Tokyo's key commercial galleries party out their last night in Roppongi (or not) before heading their separate ways.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use