「建物と夏」展

江戸東京たてもの園

poster for 「建物と夏」展

このイベントは終了しました。

日本建築の大きな特徴の一つに、暑い夏をいかに涼しく過ごすかに工夫を凝らしていることがあげられます。開放できる障子や襖、風通しのよい緑の下やベランダ、庇や日除け、また家の中にあって涼しく見せるインテリアなど。本展では、夏を過ごすためになくてはならないもの、建築にみられる「涼」の工夫などを紹介します。

ミュージアムトーク
時間:各日 14:30~
7月12日(土)序章・第一章:浅川範之(江戸東京たてもの園 学芸員)
7月26日(土)第二章:米山勇(江戸東京博物館 助教授)
8月9日(土) 第四章:浅川範之(江戸東京たてもの園 学芸員)
8月23日(土)第三章:米山勇(江戸東京博物館 助教授)

メディア

スケジュール

2008年07月01日 ~ 2008年08月31日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use