「近代日本画と洋画にみる対象の美」展

泉屋博古館分館

poster for 「近代日本画と洋画にみる対象の美」展

このイベントは終了しました。

わが国の近代絵画史は、日本画と洋画の両輪によって育てられ、豊かな稔りを結びました。さらに両分野ともに東京、京都、大阪に地盤を置く画家たちの活動により、地域毎の彩りも添えられ、多彩な展開を見せました。本展は、竹内栖鳳、東山魁夷、浅井忠、鹿子木孟郎、岸田劉生の他、日本洋画に大きな影響を与えたジャン=ポール・ローランス、クロード・モネの作品も展示いたします。

※前期:3月15日(土)〜4月27日(日)後期:4月29日(火)〜6月8日(日)

[画像: 岡田三郎助 「五葉蔦」(1909)]

メディア

スケジュール

2008年03月15日 ~ 2008年06月08日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use