うらうらら + 工藤春香 + 高石晃 展

トーキョーワンダーサイト・本郷

poster for うらうらら + 工藤春香 + 高石晃 展

このイベントは終了しました。

TWS-Emergingは トーキョーワンダーサイト(TWS)の若手支援の一環で、トーキョーワンダーウォール(TWW)の入選者100名の中から希望者を募り、審査を経た後、TWS本郷にて個展を行う企画です。本年度は23名の若手アーティストの展示を行います。
本年度第9回目となる次回はうらうららによる「I become Rei and want to line up in a showcase」、工藤春香による「ラブレターフロム穴凹」、高石晃による「RISE/SET」の3つの個展を開催いたします。
うらうららは、テラコッタを用いて二つの身体が繋がったり、体の一部分が切断されていたりするような奇形の身体を持つ彫刻を制作しています。作品制作について「外在的な要素を内在化するプロセス」と語るうらの作品から、他者との関わりの中で形成されていく人間の姿を見ることができます。今回の展示ではアニメのキャラクターをモデルとした型から抜いた人物等身大のトルソを並べたインスタレーションを行います。
工藤春香にとって作品制作は、いつの頃からか心にぽっかりと開いた穴凹を埋めるための行為となっていたといいます。今回展示される予定の2つの壁面を覆う長大な絵巻物状の作品と、恐山にある宇曽利湖からイメージしたという大きな湖の作品は、長く工藤の心の中で膨らみ続けたイメージの集積だといいます。それは観る者を暗く深い、でもどこか温かな世界へと導いてくれることでしょう。
檻の様に画面を分割する網目状の線と、その後ろに佇む異型の怪物たち。「where the wild things are」と名づけられた一連の作品から、高石晃はそれまで檻の中に閉じ込められていた怪物を分解し、背景と同化させていくことで、身体の一部としての風景を表現しようと試みています。今回展示される新作からは高石の意欲に満ちた挑戦の軌跡を感じとることができます。
3名の若いアーティストが表現する現代の感性をぜひご覧下さい。

[画像: うらうらら 「Kiki said, ”Face no more? No kidding!"」(2007) 陶、アクリル、油絵具]

メディア

スケジュール

2008年02月16日 ~ 2008年03月09日

アーティスト

うらうらら工藤春香高石晃

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use