「The Echo」展

ZAIM

poster for 「The Echo」展

このイベントは終了しました。

本展は、2000年以降にデビューした日本の若手作家の、いまだ固定されない新たなアートと、若い人々が出会い、トークやディスカッションを通じてさまざまな交感や共鳴をうむ契機となることを目指します。 会期までに、さまざまな場所でトークやプレゼンテーションを行い、「今、これから」のアートについて同世代の感じるさまざまな問題を投げかけ、アートを社会の中で機能させるべく、ともに考える機会をもうける。会期中もZAIMや、黄金町、寿町などの横浜の街中を使って、あるいはトリエンナーレ会場において、若者や一般の人々と社会の中でのアートの機能について、さまざまに討論したいと考えます。そのようにして、時代性を共有しながら、作家とキュレーター、さらには観客をも交えた、生成していくプロジェクトとして本展を位置づけたいと考えます。
また、本展の作家たちに続く次の世代の作家たちを支援する展覧会「THE SIX」(前回の第1回目は2007年11/30-12/2に開催)に、本展作家たちが審査員として協力するなど、横のつながりのみならず、次世代との提携した動きを考えています。

9月13日(土)
15:00- 竹村京によるパフォーマンス
16:00- THE SIXによるプレゼンテーション
17:00- THE ECHO トークショー
会場:ZAIM別館 3, 4F

[画像: 竹村京、 "A.N.'s living room in Tokyo, premonition of an earthquake" [detail] (2005)]

メディア

スケジュール

2008年09月13日 ~ 2008年10月05日
開催時間: 11:00-19:00

オープニングパーティー 2008年09月13日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

青山悟秋吉風人天野亨彦泉孝昭泉太郎

Facebook

Reviews

Olivier Krischer tablog review

Yokohama Triennale 2008: "The Echo" at ZAIM

ZAIM is holding an exhibition of young Japanese artists, while "After Hours", a non-Triennale set of panel discussions was also held nearby.

Makoto Hashimoto tablog review

横浜トリエンナーレ2008の周辺にて

国際展と共に多数のイベントが開催中

donald_japantimes: (2008-09-18 at 17:09)

Digital, rough and maybe deadly
By Donald Eubank
Japan Times Staff writer

"Conceptual art such as what is being shown at the triennale, looks like it was made following a list of instructions. And in general it points toward death," said Aoyama. "Japanese artists know about conceptual art, but they want to show the rough edges, they want to point toward life ..."

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080918a1.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use