poster for 畠山直哉 展

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリーでは、4月30日(水)から5月23日(金)まで、畠山直哉展を開催致します。当ギャラリー4回目の個展となる本展では、2007年にパリで撮影された「Ciel Tombé」(シエル・トンベ)シリーズより、約15点の写真作品を発表致します。

ヨーロッパには、街を建設するための石材を市街地直下の地中から切り出していた都市がありましたが、その中でもパリほど大規模な採掘がおこなわれていたところは他に類例を見ません。パリの地下は、中世から近代まで続いた採石作業のせいで、グリュイエール・チーズに喩えられるほど、穴ぼこだらけなのです。19世紀にナダールが写真にし、今では観光スポットとして有名なカタコンブ(地下共同墓所)も、じつは古くからの採石場の一角を利用して設けられたものでした。かつて「ライム・ワークス」の中で「鉱山と都市はまるで一枚の写真のネガとポジのようなものだ」と書いた写真家は、近代のパリで同様の構造が垂直状に展開していたことに注目し、パリ市採石場管理局の協力の下、いくつかの地下採石場跡(その多くは石灰石)を訪れました。

「Ciel Tombé」とは、地下採石場跡の天井が剥がれて墜ちている状態を指す用語です。(直訳するなら「墜ちた天」ということに。)この落盤を放置すれば、やがて地上の建造物に悪影響が及ぶことから、20世紀には管理局によって徹底的に補修が行われました。しかし、パリの東端、ヴァンセンヌの森の地下17mに位置する「ラ・ブラッスリー」と呼ばれる採石場跡では、地上に樹木ばかりで建造物がないために、いくつかの「Ciel Tombé」がそのまま放置されていました。「天が墜ちた」のがいつだったのかを正確に知る者は誰もいません。

オープニング・レセプション 4月30日(水) 18:00-20:00

メディア

スケジュール

2008年04月30日 ~ 2008年05月23日

アーティスト

畠山直哉

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Photographing the Fallen Sky

Naoya Hatakeyama talks to TAB about the ideas behind his works, and his thoughts on the state of contemporary photography.

Ashley Rawlings tablog review

落下した空を写真に

畠山直哉氏に、自身の作品に対する考えと現代写真の状況を語っていただきます

donald_japantimes: (2008-05-20 at 14:05)

Japan Times Art Brief
By Oliver Krischer

In a hauntingly simple comment, deftly capturing the inner atmosphere of the exhibition, a passage from Hatekeyama's notebook observes: "It is not simply by chance that the pillars which are meant to keep the sky from falling are called totems. Only those who imagine the beginning of the world, also imagine its end ..."

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080515b2.html

sashanihon: (2008-05-23 at 18:05)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use