高嶺格 「The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」

アラタニウラノ

poster for 高嶺格 「The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」

このイベントは終了しました。

この度、ARATANIURANOでは、7月12日より9月6日まで、高嶺格 個展「The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」を開催いたします。
高嶺格は、1991年京都市立芸術大学を卒業後、早くも1993年には第2回ソニーミュージック・アート・アーティスト・オーディションで特別奨励賞を受賞、1993年から97年にかけては、ダムタイプのメンバーとしても活躍しました。その後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(イアマス)でメディア・アートを学び、2002年には、2 tの油粘土を使用したアイロニカルな映像インスタレーション作品「God Bless America」が第50回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際展に招待されるなど、その後も国内外から出展オファーが後を絶たない、世界が注目する現代美術作家です。その表現は実に多岐にわたっており、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど様々です。近年では、自らが構成/演出した舞台作品も手掛けるなど、その活動の領域を更に広げて活躍して
います。
アーティストとしてのキャリアをスタートした当初から、高嶺が変わらず挑んできたのは、矛盾を抱えながらも生きる人間の生の有り様を、自らの身体性を持ち込んで再構成することで見えてくる「何か」を提示することではないでしょうか。高嶺が今回テーマとして掲げたのは、夢の蓄電システム、電気二重層キャパシタ(スーパーキャパシタ)です。すでにアブダビ首長国では、自然エネルギーだけで電力をまかなう人工都市、“マスダール・シティ”の建設が始まるなど、脱化石燃料へ向けた動きは世界中で進行しており、そんな中、大容量蓄電を可能にするスーパーキャパシタは、エネルギー転換の鍵を握る重要な技術として注目を浴びています。耐久性のある無害で安価な蓄電装置は人類の夢でした。技術は目前にある。これが普及すれば世界は変わる。
しかしここに、普及を阻害する価格の問題があります。キャパシタは高いのです。しかし原料としては極めて安価なはずのこの製品、なぜこんなに高いのでしょう?
本展では、この謎めいた蓄電システム「スーパーキャパシタ」のブランド化を試みます。普及へ向けた高嶺の取り組みにご期待ください。今年8月には山口情報芸術センターYCAMでミュージシャン・大友良英とコラボレーション、11月にはせんだいメディアテークでの個展を控え、更には河出書房新社より単行本を発売と、今後も益々の活躍が期待される高嶺格の実に5年ぶりとなる新作を展示します。

メディア

スケジュール

2008年07月12日 ~ 2008年09月20日
夏期休業:8月10日 - 18日

アーティスト

高嶺格

Facebook

Reviews

Yelena Gluzman tablog review

Tadasu Takamine's Supercapacitor! Say it again!

Tadasu Takamine attempts to stamp the supercapacitor onto popular consciousness in his solo exhibition at Arataniurano.

yumisong tablog review

patrickbrz: (2008-08-02 at 00:08)

http://www.dnp.co.jp/artscape/eng/focus/0808_01.html

"Artist as booster of esoteric, eco-friendly technology? Emphatically yes, apparently, at Arataniurano this month. Tokyo-based artist Tadasu Takamine has staked all of his latest exhibition on the spirited advocacy of a single invention of electrochemical engineering, the titular supercapacitor, an energy-storing technology he believes could play a pivotal role in weaning the world's economies from their dependence on fossil fuels, improving our collective prospects for a greener, cleaner and cooler tomorrow."

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use